愛知県立大学 教育福祉学部 学部案内2018
12/20

11授業ピックアップ時間割11年次では、人文・社会科学の知見を幅広く学ぶと共に、教育と福祉および両者を関連づける基礎的な知識を習得します。「社会」や「福祉」に対する見方・態度を振り返り、見えづらくなっている・見えづらくさせられている課題を発見するだけでなく、それを解決するために必要な知識や技法があることを学びます。年国内で急激に増加した外国人住民や外国人労働者の問題を扱います。特に,在日韓国・朝鮮人や在日日系ブラジル人に関わる様々な課題を社会学的な視点から分析、考察していきます。学生コメント : この授業では、実際にフィールドワークを行って、当事者からお話を聞くこともあります。そこから自分で調べ、考え、問題解決の糸口を探っていきます。(堀部恵里香さん)現代社会論ソーシャルワーク(社会福祉援助)の歴史的展開をふまえ、ソーシャルワークの思想および価値と倫理について理解を深め、ソーシャルワーク専門職の役割について学んでいきます。学生コメント : この授業ではまず、ソーシャルワーカーという仕事について理解することから始まります。福祉の社会で働くという考えをより深めることができる授業です。(安藤美穂さん)社会福祉学科と言えば、高齢者の介護や障害について学ぶと思っている人がほとんどだと思います。けれども実際はもっと幅広い分野を学んでいます。例えば、女性や生活困窮者が抱える問題から引きこもりや在日外国人についての問題も含まれます。これまでの自分のイメージや視野がいかに狭いかを痛感しました。学生同士の仲もよく、みなマイペースで自分らしくいることのできる優しい雰囲気がある学科なので毎日がとても楽しいです。溝口 径 さん 岐阜県立大垣北高校出身在学生からのメッセージ月中国語Ⅰソーシャルワーク論Ⅰスポーツ実践演習 教育発達学(心理)1限目2限目人間の発達と心社会福祉事業史3限目4限目5限目火英語ⅠA水木教育福祉学基礎論児童福祉論Ⅰ心理学概論Ⅰ中国語Ⅰ英語Ⅰ現代社会論教育福祉学基礎演習  ソーシャルワーク論Ⅰ情報リテラシー社会福祉学概論Ⅰ金ソーシャルワーク論Ⅰ社会福祉学科で学ぶことができる学問分野は、主に社会福祉学、社会学、心理学です。福祉サービス利用者がその有する能力に応じて、尊厳を持った自立生活を営むことができるように総合的かつ包括的に援助できる人材や、地域の福祉課題の把握や社会資源の調整・開発など、地域福祉の増進に働きかける人材を育成することを目的としています。社会福祉学科社会福祉学科のカリキュラム●社会福祉演習Ⅱ(ゼミ)●卒業論文●精神保健福祉論Ⅱ●ソーシャルワーク演習Ⅲ●精神保健福祉援助演習●精神保健福祉援助実習指導●精神保健福祉援助実習●精神科リハビリテーション学●教育福祉学基礎論●教育福祉学基礎演習●社会福祉学概論Ⅰ●社会福祉事業史●ソーシャルワーク論Ⅰ●児童福祉論Ⅰ・Ⅱ●障害者福祉論●公的扶助論●ソーシャルワーク演習Ⅰ●心理学概論Ⅰ・Ⅱ●医学概論●精神保健学●現代社会論●ソーシャルワーク論Ⅱ●地域福祉論●高齢者に対する支援と介護保険制度●児童養護論●ソーシャルワーク演習Ⅱ●ソーシャルワーク実習指導Ⅰ●児童養護実践論●臨床心理学●発達心理学A・B●精神医学●社会調査法●社会保障論1年次2年次3年次4年次●教育福祉学特殊講義(人間・社会)●社会福祉学概論Ⅱ●社会福祉演習Ⅰ(ゼミ)●ソーシャルワーク論Ⅲ●子ども発達支援論●医療福祉論●就労支援論●司法福祉論●社会福祉運営管理論●福祉行財政と福祉計画●精神科ソーシャルワーク論●精神保健福祉論Ⅰ●ソーシャルワーク実習指導Ⅱ●ソーシャルワーク実習●精神保健福祉援助技術各論●権利擁護と成年後見●家族社会学Ⅰ・Ⅱ●地域社会学Ⅰ・Ⅱ●多文化社会論●哲学●経済学●文献講読少人数のゼミが始まり、専門的知見を習得する主なカリキュラム主なカリキュラム主なカリキュラム主なカリキュラム人文・社会科学の知見を幅広く学び、社会福祉学の全体像を理解する専門性を深めるとともに学術的な議論や研究技法を学ぶこれまでの勉学の集大成として卒業論文の製作

元のページ  ../index.html#12

このブックを見る