愛知県立大学 看護学部・大学院看護学研究科 CAMPUS GUIDE2018
2/24

01看護学部は、平成21年4月に新しい愛知県立大学が開設され、誕生しました。その歴史は、昭和43年に開設した愛知県立看護短期大学から、愛知県立看護大学(平成7年開設)へと発展し、さらに本学部へと結実してきました。教育理念に基づき、看護学の専門的知識と技術の修得と、豊かな人間性をそなえた人材の育成を目指します。さらに、人々の健康と看護学の発展に寄与できることを目指して、「考えて実践・行動できる」「判断できる」「創造できる」などの能力をそなえた質の高い看護専門職業人を育成します。看護学研究科は、平成21年4月に新しい愛知県立大学大学院看護学研究科が開設され、博士前期課程と博士後期課程の教育が始まりました。看護学部から、博士前期課程に発展し、さらに博士後期課程の看護学分野へと一貫性をもって指導できる体制です。看護実践の根拠を明らかにしたいと考えている人、看護の質の向上に貢献したいと考えている人は、本看護学研究科で教員と学生が相互に啓発し学びあう「知の拠点」をいっしょに目指しましょう。学部長・研究科長百瀬 由美子教育目的教育目的は、21世紀の国際社会、少子高齢社会で活躍する優秀な看護専門職として、すべての人に対する思いやりと人間愛を育み、人間相互の信頼関係のもとで、保健医療福祉施設、在宅、地域などの様々な場において、科学的・理論的かつ倫理的に判断し、看護を展開できる人材を育成することです。このために、科学的思考と科学的問題解決能力、人間を全体的・総合的にとらえ個別性に対応して生活の質を考慮した看護を行える能力、科学的根拠に基づいて実践する能力、保健医療福祉システム全体の中で看護を位置づけ調整的役割を果たす能力、国際社会の中で人々の健康の保持・増進に寄与できる能力を養います。教育目的は、広い視野に立って専門分野の学識を深め、科学的な思考力、高度な研究能力を養い、社会においても指導的な役割を果たすことができる優れた看護学研究者、看護学教育者を育成するとともに、高度な専門性、実践能力を有し、社会に貢献する看護専門職を育成することです。看護学部大 学 院看護学研究科博士前期課程博士後期課程愛知県立大学大学院看護学研究科看護学研究者・助産師・専門看護師・認定看護管理者への道が開かれる愛知県立大学看護学部看護専門職への道が開かれる教養科目や外国語科目の充実高い倫理観と豊かな人間性を育成少人数制による技術教育多様な施設での実習と教員指導体制の充実根拠を重視した論理的思考の育成と少人数制による卒業研究の指導●総勢52名の教員が教育を担当します。●●実験研究・量的研究・臨床研究・質的研究など多様な研究手法の教員が揃っています。●●教員は、学会の理事、評議員、編集委員などに就任し、看護界で活躍しています。●人間性とグローバルな視野を育成看護実践能力を育成看護を科学する力を育成豊かな心と知識と技術が融合した理想の看護をめざして

元のページ  ../index.html#2

このブックを見る