北九州市立大学 大学案内2018
94/128

自分の生活スタイルを作るのが楽しい一人暮らし。春から始まる新生活の参考になるよう、北九大生の一人暮らしの様子をレポートします。一人暮らしレポート目の前にコンビニがありとても便利です。大学から少し離れた場所にあるので、通学は徒歩ではなく自転車を利用しています(通学時間は5分)。私の部屋決めPoint!!6:00起床8:00朝練12:00昼食13:00授業16:30自主練19:00夕食1:00消灯6:30朝食1K自分の時間が持てるので生活スタイルも自由に計画できる!■ 北方キャンパス法学部 法律学科(長崎南山高等学校〈長崎県〉卒)松尾 航人さん毎月の収入は親からの仕送りと奨学金です。また、所属している硬式野球部の練習がオフになる冬季には、短期のアルバイトもしています。一人暮らしをしてみて、洗濯や掃除など、家事の大変さに気付きました。良かった点は、自分の時間を持つことができることです。勉強も、趣味も、遊びも、食事も、自分の好きなようにスケジュールを組むことができます。そうした気ままな自由さは一人暮らしの特権ではありますが、その反面、「毎日の生活の中では、自分で責任をもって行動しなければならない」と意識するようになりました。仕送り奨学金合計¥30,000¥60,000¥90,000家賃食費光熱費・雑費娯楽費合計¥35,000¥30,000¥5,000¥20,000¥90,000支 出収 入本棚ベッドTVキッチントイレ冷蔵庫バス机ソファクローゼット玄関1日のスケジュールお部屋の間取り92The University of Kitakyushu 2018

元のページ  ../index.html#94

このブックを見る