神戸大学大学院 経済学研究科 経済学部 2018
14/28

12六甲台一口メモ l 兼松記念館経営機械化展示室には,国産初のパンチカードシステムが展示してある。 大学院で経済学を学ぶとはどういうことでしょうか。どのような目的と経歴を持った人が,経済学の大学院に適しているのでしょうか。学問としての経済学の面白みに触れてみたい人,実践的に経済学を深め,スキルアップにつなげたいと考えているあなたに,ぜひこの案内を読んでほしいと思います。神戸大学大学院経済学研究科は,全国最大規模のスタッフ,経済学への多様なニーズに応える複数のコースとカリキュラムを用意して皆さんの挑戦を待っています。本研究科の特徴1)目的に合った複数のコースと充実したカリキュラムを用意しています。本科コースでは,最先端の経済学を体系的に学ぶ講義,少人数で活発な討議が行われる演習(ゼミ),教員による論文作成指導を通じて,自立した研究能力を持つ専門家を養成します。また,「六甲フォーラム」をはじめとする研究発表の機会を通じて,最先端の経済学に触れることができます。2)豊富で多彩な教員を擁し,学際的研究や地域連携,国際交流が盛んに行われています。本研究科には50名にのぼる各分野の経済学研究者が在籍しています。また,神戸大学大学院の経営学研究科,国際協力研究科,理学研究科,あるいは大阪大学や京都大学の経済学研究科と共同研究や授業科目の単位互換を行っています。さらに,世界の主要大学,世界中に散らばった本研究科修了生と「知のネットワーク」が形成され,皆さんの調査・研究活動を強力にサポートします。大学院 −専門家への道− EUIJ関西(詳細は7ページ参照)が提供する「EUコース」では,EUの経済・社会・法などを体系的に学ぶことができます。プログラム修了者には「EU研究修了証」が与えられます。EU研究修了証プログラム 本研究科では,ビジネス・公的機関・学会などにおいて,国際的に活躍する「グローバル人材」の育成を目指しています。そうしたキャリアを目指す人のために,海外からの留学生と日本人学生双方を対象に,全ての講義履修を英語で行うGMAPコースを設定しています。経済学・経営学・法学の科目が必修となる学際性豊かな特徴を備えるとともに,国内外のインターンシップを含むプロジェクト研究も用意されています。また,英語による講義(例えば,ミクロ・マクロ経済学や比較経済論)は,一部のGMAPコース生以外(例えば,協定校からの留学生)にも,様々なバックグラウンドをもった学生がともに刺激し合い,学び合う場となっています。グローバルマスタープログラム(GMAP)と英語による教育博士前期課程・後期課程 本科コース世界で活躍する研究者の育成 大学院で経済学を学ぶ目的は,大きく分けて二つ考えられます。その一つは,学問としての経済学を極めること,そして,国内外の大学や研究所,国際機関などで経済学の専門家として働くための資格である博士(経済学)の学位を取得することです。 本研究科が提供する本科コースは,こうした目的を持つ研究者養成コースです。2年の博士課程前期課程と,それに続く3年の博士課程後期課程に分かれています。これまで本科コースを修了した先輩は,多数の大学や研究所などで研究者として活躍しています。 大学院で経済学を学ぶもう一つの目的は,グローバル化した民間企業やシンクタンク,官公庁などで活躍中の人がさらにその分析技術に磨きをかけること,あるいは,将来そのような職場で働くことを目指す人が,実践的な経済学の分析手法を体系的に学ぶことです。 本研究科が提供する専修コースは,博士課程前期課程2年のコースで修士(経済学)の学位が取得できます。専修コースは原則平日開講です。社会人コースは,土曜日開講を原則として,働きながら週末を利用して就学できる点が大きな特徴です。 さらに研究を深めたい人には後期課程に進む道も開かれており,博士後期課程にも社会人コースが設けられています。平成23年度より社会人コースで長期履修制度が導入され,博士前期課程は2年分の授業料で最大4年間,後期課程は3年分の授業料で最大6年間履修することが可能になりました。平成29年度は前期課程で16名,後期課程で28名がこの制度を利用しています。博士前期課程 専修コース・社会人コース実践的な経済学知識の習得大学院  多様なコースとプログラムEUエキスパート人材養成プログラムKobe University Programme for European Studies(KUPES) EUエキスパート人材養成プログラム(KUPES)では,EU(欧州連合)の経済及び社会文化・法・政治的側面について専門的かつ学際的観点から学び,EU圏の大学へダブルディグリー取得のための留学(1年)を目指します。留学により高度な外国語能力と複眼的な視野を養い,更に国際的な人脈,タフな精神力を形成することで,国際機関や産業界等世界で活躍するチャンスが大きく広がります。

元のページ  ../index.html#14

このブックを見る