神戸大学大学院 経済学研究科 経済学部 2018
8/28

06六甲台一口メモ l 経済学部のある六甲台は大木や様々な記念碑に囲まれ,散策に最適。■IFEEKの標準的なスケジュール (最短5年で修了する場合) 神戸大学経済学部では,グローバル化・複雑化する世界の状況に対応する人材を育成するために,体系的な経済学を学ぶカリキュラムに加えて,神戸大学の他の学部や海外の諸大学と連携して様々な専門性・学際性・国際性を伸ばす特別プログラムやコースを設けています。専門性・学際性・国際性を伸ばす特別プログラム,コース IFEEKは神戸大学と海外協定大学での研鑽を通じて,英語で経済学を使いこなす力を身につけるための特別教育プログラムです。このプログラムでは専門性としての経済学の知識,そして専門性を活かすための国際性を重視し,日本語と英語の両方を用いた教育を行います。 本プログラムは20名程度を1年生後期に選抜します。選抜された学生は,2年生から特別演習や指定された英語による専門科目を履修するとともに,学内の英語習得プログラム,海外短期語学研修などに参加して英語力の向上を目指します。海外協定校への交換留学は3年生後期からの半年間が一般的ですが,留学の時期や期間は柔軟に設定できます。1年間留学するケースや4年生で留学するケースもあります。留学中は所属するゼミの指導教員による遠隔指導などを受け,卒業論文の作成を進めます。IFEEKは様々な進路を選択できる自由度の高いプログラムで,学部卒業後に大学院に進学するケースのほか,学部を4年で卒業し就職するケースもあります。 このプログラムで最も魅力的なコースは,5年間で早期卒業・早期修了を目指すケースです。まず3年後期に交換留学(半年もしくは1年間)で単位を取得します。4年前期に帰国後,卒業論文を完成させて早期卒業し,推薦入試を経て大学院に秋入学します。大学院では留学先で得た知見をもとに研究を進め,1年半後に修士論文を提出し,修士課程を修了します。卒業論文から留学を経て修士論文まで一貫した指導を受けることにより,5年間で世界標準に到達することを目標にしています。 2017年3月には1期生7名が5年間のプログラムを無事修了し,金融機関や商社など多彩な分野に巣立って行きました。5年間の研鑽をもとに,グローバルな舞台での大いなる活躍が期待されています。5年一貫経済学国際教育プログラムInternational Five-year Economics Education Program at Kobe (IFEEK)研究指導(修士論文の作成)早期修了推薦入試による大学院秋入学英語講義科目等の履修研究指導の開始学部・大学院共通授業科目の履修研究指導(卒業論文の作成,8月提出)早期卒業(9月)IFEEK 特別演習英語による専門科目英語力強化科目海外協定校への留学(後期の半年間)研究指導の開始(留学中は遠隔研究指導)IFEEK 特別演習英語による専門科目英語力強化科目申込みおよび選抜の履修の履修1年後期学部2年学部3年学部4年(前期のみ)大学院1年(4年後期から)大学院2年}}

元のページ  ../index.html#8

このブックを見る