九州工業大学 大学案内2019
33/68

32[宇宙関連]日本電気東芝スペースシステム、日本電気航空宇宙システム、川崎重工業、IHI、SUBARU(富士重工業)、三菱重工業、三菱電機、日本電気、スカパーJSAT、中菱エンジニアリング、NTN、GSユアサ、住友精密工業、ニコン、日立製作所、富士通、九電工、神戸製鋼所 [その他]Hitz日立造船、JFEスチール、JX日鉱日石エネルギー、MHPSエンジニアリング、旭化成、いすゞ自動車、宇部興産、クボタ、クラレ、コニカミノルタ、住友電気工業、セイコーエプソン、大日本印刷、東レ、トヨタ自動車、日本化薬、日本精工、パナソニック、富士電機、三菱ケミカル、ヤマザキマザック、日本トランスオーシャン航空、本田技研工業、TOTO、東芝、中国電力、新日鐵住金、新日鉄住金エンジニアリング、九州電力、ヤマハ発動機、三井造船大学院進学その他3%就 職32%65%主な就職先建設社会工学科機械知能工学科宇宙システム工学科電気電子工学科応用化学科マテリアル工学科夜空に輝かせたい自分の星。宇宙開発の最前線で世界に貢献を中学生の頃から決めていた。航空宇宙分野で「ものづくり」を人工衛星用の電源システムを設計・開発しています。小惑星探査機「はやぶさ2」の開発にも携わりました。きっかけは、大学で関わった人工衛星の地上試験や衛星開発の学生プロジェクトです。苦労して作ったモノが、世界中の期待や自分たちの思いを乗せて宇宙に翔んでいく。まさに夜空に輝く自分の星だなと。今後も宇宙開発の最前線で世界に貢献できるよう頑張ります。中学生の頃に、宇宙飛行士の毛利衛さんの講演を聞いて以来、将来は航空宇宙分野の製品開発・設計・製造に携わりたいと考えていました。現在、航空宇宙製品の構造設計をしています。設計した部品が、最終製品になるまで目の当たりにすることができ、仕事の面白さ、やりがいを感じています。将来は、製品全体の設計を取りまとめる技術者になりたいと思っています。小さい頃から星が好きで、宇宙関係の仕事に憧れていました。九工大を選んだのは、宇宙工学の研究が充実し、学生が行うプロジェクトも活発だから。入学後、衛星開発プロジェクトに参加しました。「鳳龍弐号」の打ち上げの頃でした。先輩たちを目標に頑張り、やがて自分たちが主体となり、2年間全力で衛星開発に取り組みました。自分たちの手で開発した衛星が打ち上る喜びはかけがえのないものです。3年次にはPBLの授業でロケットを製作。4人グループで完成させたロケットを、実際に平尾台で打ち上げました。ロケットが帰ってきた時はとても嬉しかったです。今後、宇宙工学の知識、衛星開発プロジェクトの経験を活かして、人工衛星の開発や、打ち上げの手助けを行う仕事がしたいと思っています。九工大は、やりたいことを全力でできる大学です。受験生の皆さん、いま学んでいることは大学での基礎となります。たくさん勉強してください。人工衛星を打ち上げる!子どもの頃から夢見た世界へ東筑紫学園高等学校(福岡県)村上 弥生 さん趙研究室工学研究科 博士前期課程 機械知能工学専攻 修了北海道岩見沢東高等学校(北海道)三菱重工業株式会社名古屋誘導推進システム製作所廣木 侑 さん工学研究科 博士前期課程 電気工学専攻 修了八代高等学校(熊本県)日本電気株式会社 (NECスペーステクノロジー株式会社 技術本部に出向中)大瀬 貴之 さん学生紹介卒業生紹介

元のページ  ../index.html#33

このブックを見る