九州工業大学 大学案内2019
49/68

48極微世界の分析装置に新風を。少数精鋭で電子顕微鏡を開発中今の私を誇れる自分でありたい。いつかは会社を牽引できるように研鑽中どんなことでも人に話を聞いてみよう。1人で考えるより、可能性が何倍も広がる知能情報工学科情報・通信工学科知的システム工学科物理情報工学科生命化学情報工学科研究室では電子顕微鏡を操作していました。ナノレベルで観察できるので研究成果にインパクトを与えられる一方で、試料の観察に高度な技術が必要であったり、暗室での作業にストレスを感じることもありました。電子顕微鏡は少数精鋭で開発が行われることが多いので、真摯に業務と向きあって努力を継続していけば、高いスキルを身につけることも可能です。私の会社では透過電子顕微鏡の制御ソフトウェアの設計・開発を行っており、使い勝手が良く、更に汎用性の高い最先端の装置を開発することで、人類の発展に寄与したいと考えています。情報工学研究科 博士前期課程 情報科学専攻 修了筑紫丘高等学校(福岡県)株式会社日立ハイテクノロジーズ 電子顕微鏡ソリューションシステム設計部三瀬 大海 さん大学では超伝導の研究をしていたため、将来は環境改善やエネルギーの高効率運用に携わりたいと考え、住友電工に入社。現在は、電力ケーブルの設計、製造業務に従事しています。1900年代に基礎が完成されたケーブルを、よりハイスペックに、より高品質に、品質改善しているのですが、要求事項にあふれていて、これらの要求に応えるための計画の立案、実行、分析を重ねていくにつれ、とてもやりがいのある魅力的な仕事だという実感が深まっています。また、当社の物づくりの拠点はさまざまなので、いろいろな地域で働けるのも魅力の一つです。情報工学府 博士前期課程 情報システム専攻 修了九州産業大学付属九州高等学校(福岡県)住友電気工業株式会社 (住友電工産業電線株式会社に出向中)和田 純 さん鉄をつくるプロセスのダイナミックさと繊細さに感動し、その設備に関わる仕事に携わりたいと思い、この会社を志望しました。魅力的なのは、自ら考案したことをすぐに実行できるところ。例えばある仕事では、机上計算以外にも妥当性の評価方法を事前検討。次に各関係者に内容説明しつつ段取りを整え、多数の人と協力しながら進めていきました。私の目標は、機械要素技術に磨きをかけ、困ったときに声をかけられる頼れる人材になること。受験生の皆さん、興味の有無に関わらず、色々な人に話を聞いてください。自分一人で考えるより何倍も可能性が広がりますよ。情報工学部 機械情報工学科 卒業東筑高等学校(福岡県)新日鐵住金株式会社 八幡製鐵所 三浦 梨奈 さん卒業生紹介

元のページ  ../index.html#49

このブックを見る