帯広畜産大学 CAMPUS GUIDE 2018
21/66

20畜産科学課程フィールドから食卓まで生命・食料・環境を科学し農畜産の幅広い領域の知識と技術を身につける畜産科学課程で学ぶことは「畜産」の知識や技術だけではありません。農畜産業を支える農業・農村の環境づくりと環境保全、植物や動物についての基礎的な生命科学、食品や飼料となる作物の栽培、家畜の飼育や管理、農畜産業の経営、食品の機能科学、食品の製造や食の安全、食料の流通や販売など、農畜産や食料生産に関係する幅広い領域の知識と技術すべてが、畜産科学課程の教育内容をかたちづくります。基盤教育、共通教育でこうした畜産科学の全体像を広く学ぶとともに、展開教育では専門領域の最先端の知識と技術を深く学びます。また、平成26年度入学者から始まった「国際教育アドバンストモデル」では、国際的に活躍するために必要な基礎力を身につけることをめざします。大学では、自ら学び研究する姿勢が大切です。本学では、農畜産の幅広い知識と技術を身につけることで、優れた専門職業人として日本および国際社会で活躍できる人材を育成します。

元のページ  ../index.html#21

このブックを見る