帯広畜産大学 CAMPUS GUIDE 2018
22/66

21畜産科学課程家畜生産科学ユニット生命科学分野から畜産現場まで実践的に学ぶウシやウマなど家畜の飼養管理、繁殖や改良、乳肉の生産・利用について、分子から生体までの知識を習得するとともに、実習を通じて実践的技術を学ぶことで生命科学分野から畜産現場まで幅広く活躍できる人材を育成します。家畜の飼養管理、繁殖や改良、乳肉の生産についての知識と技術を修得するための授業科目を配置します。家畜の飼養管理、繁殖や改良、乳肉の生産についての専門知識を身につけている。上記の技術および課題解決に向けた基本的能力を身につけている。●●12Curriculum Policy教育課程編成・実施方針Diploma Policy学位授与方針Animal Production 研究テーマは「ブタ生殖細胞の形態的評価法の確立」です。ヒトの不妊治療で利用されている生殖細胞の形態的評価法をもとに、畜産の分野においても簡便な評価法の確立をめざしています。効率が求められる家畜の生産には、遺伝的能力を高める育種・改良が不可欠。人工授精や受精卵移植といった家畜の繁殖技術は、不妊治療などヒトの医療技術にも役立っています。将来は大学で培った知識を生かして、胚培養士になりたいと考えています。兵庫 夏実畜産科学課程4年HYOGO NATSUMI静岡県立掛川西高等学校出身村西 由紀 助教MURANISHI YUKI 生命・食料科学研究部門 家畜生産科学分野01VOICEこんな研究をしています

元のページ  ../index.html#22

このブックを見る