帯広畜産大学 CAMPUS GUIDE 2018
34/66

33畜産科学課程教職課程教員を志す学生に教員並びに教職のよろこび、役割と責任の厳しさを伝え、教員にふさわしい人物像について事例をあげて助言し、教職とは何かについて深く考察します。理科教育の目的や目標は何か、どのように達成されるのか、効果的な授業とはどのような授業か、理科教育に要請されている現代的な課題は何かなど、理科教育の主要なテーマと理科教師の果たす役割について考察します。※ユニットによって取得可能な教科が特定される場合があります。入学後の開講科目をよく確認して 履修してください。また、他ユニットの科目履修が必要となる場合もあります。大学で学んだ専門知識を活かすひとつの方法として、子どもたちと未来をつなげる役割を担う教員となり、社会に貢献する道もあります。在学中に必要な教職科目を履修することにより、畜産科学課程では所属する展開教育ユニットに応じて(※)高等学校教諭一種免許状(農業または理科)の教育職員免許状を取得することができます。教職入門理科教育法〈理科のみ〉教育心理学Ⅰ教育心理学Ⅱ教科の学習指導以外の教員の仕事、特に生徒指導やカウンセリングと問題行動への対処について、心理学的な観点から考えます。生徒理解の基礎となる発達の理論、学習指導と教育評価についての心理学的知識を学びます。職業指導〈農業のみ〉労働と人間や風土・文化との関わり、労働をめぐる今日の諸問題を考察するとともに、人間の一生における進路選択の過程や、その際に生じる葛藤、病理現象を少年期・青年期に重点をおいて考察します。学校教育論教育原理そもそも「学校」とは何か、その歴史的経緯や役割について考察します。とりわけ、高校教育論に焦点を絞りつつ、その基本原則や制度的枠組みについて国際的視野をもって学びます。教育の目的・意義・方法・内容などについての基本的原則や理論的基礎を学びます。ディスカッション形式を取り入れながら、教育のあり方についての一定の見解をもつとともに、教育的視野をもって社会の諸問題をみる目を養います。教育実習本学で学習した教育に関わる理論や専門の学識を、実際の教育現場の授業・HR活動・学校行事・クラブ活動などを行うことによって吟味し深化させ、教員としての実践的指導力を養成します。教育方法教育学の基礎理論、高校教育の基本的枠組、専門職としての教師のあり方を踏まえて、「楽しくてわかる授業」を行うための教育方法を習得します。最終的にはグループごとに調査・研究し、情報機器を用いてのプレゼン発表およびディスカッションを行います。教職実践演習(高)教科指導および教科外活動(HR活動、生徒指導など)に関する演習を通して、習得した教職に関する専門的な知識・技能を、教員に必要な資質・能力として体系化するとともに、それらの能力を身につけます。農業教育の意義と発達、性格・目的、学習の原理、教育課程、教育指導の方法、学習の評価などの探求と併せて、農村の生涯教育、世界の農業教育の組織と方法の概論を学びます。農業科教育法〈農業のみ〉1年次2年次3年次~4年次4年次教員の意義・使命感を理解する教育の歴史や理論から社会的役割を学ぶ教員としての資質向上と実践能力の習得教員の仕事の全体像を体感的につかむ次世代の農業を支える人材を育てたいめざすのは考える力を育む教師教師を志したのは次の世代を育てることで、地元農業の下支えをしたいと思ったからです。生徒を第一に考え、楽しく分かりやすい授業をされていた高校の恩師の影響も少なくありません。その母校で実習に臨んでいます。授業では皆が理解できるよう、特に勉強のやり方が分からない生徒をサポート。暗記するのではなく試行錯誤しながらも自分で答えを見つければ、それは個々の力になります。大学では4年間、アメフトを続けようと入部。学業との両立は大変でしたが結果、優秀選手にも選ばれ一つ事を達成する大切さを学びました。めざすのは知識だけでなく、考える力を身につけさせる教師。そのためには生徒の心を開くことが必須ですが、会話が弾むよう自分を飾らずに接しています。そして少しでも多く、生徒の心に響く言葉を伝えたいですね。村井 慎平畜産科学課程4年[家畜生産科学ユニット]MURAI SHINPEI北海道帯広農業高等学校出身

元のページ  ../index.html#34

このブックを見る