帯広畜産大学 CAMPUS GUIDE 2018
52/66

51施設紹介充実した英語教育を推進し、学生および教職員の教育研究活動支援が目的。アメリカ人英語教員が中心となって運営しており、異文化にふれながら英語を学べる理想的な環境が整えられています。■イングリッシュ・リソース・センター■総合研究棟Ⅰ号館 多目的ホールアーチを取り入れたモダンなデザインが印象的なロビーは、明るい日差しがふりそそいで開放的。歴史を感じさせるテトラパックの製造機や、年代もののトラクターも展示されています。■コミュニケーションラウンジ友人たちや教員との会話でコミュニケーションが広がるラウンジは、歓談、ミーティングなどのシーンを想定した7つのコーナーで構成。窓の向こうは、季節によって表情を変える景色が楽しめます。■附属図書館図書雑誌等の閲覧はもとより視聴覚資料の利用も可能で、所蔵資料の検索システム、図書館のネットワーク化、電子図書館化など大学図書館として最新の学術情報を提供しています。創立70周年を記念して、帯広畜産大学同窓会から寄贈された施設。碧雲寮食堂にあった「碧雲寮歌の額」が飾られ、同窓会員、職員、学生が相互の懇親などの交流の場として利用されています。■創立70周年記念会館 逍遥舎総合研究棟Ⅱ号館の各フロアに設置されているコミュニケーションラウンジでは、開放感のある窓から四季折々の景観を楽しむことができます。仲間との会話も弾み、新しい発想を促します。■コミュニケーションラウンジ■ネイチャーラウンジ総合研究棟Ⅱ号館1階にあり、モモンガ、エゾリスなど畜大周辺や十勝に生息している野生動物の剥製や昆虫等の標本を展示しています。剥製は見て触れて、その質感を確認することができます。■総合研究棟Ⅳ号館省エネに配慮した設計の館内は、スクールカラーであるグリーンを基調にしたモダンなデザイン。研究に疲れたら中庭の緑を眺めてリフレッシュも。2階では専門性の高い研究が行われています。CABHJLMPOQRIDHGKEIFJ

元のページ  ../index.html#52

このブックを見る