帯広畜産大学 CAMPUS GUIDE 2018
57/66

56ダチョウサークル(P55写真右下)ダチョウを飼育し、生産物を用いた商品(羽根の染色や、エッグアート)を販売。ダチョウ牧場の見学もしています。えぞほね団(P55写真右上)学生による動物の標本作製の技術向上を目的に活動。作製した標本は社会貢献のため、展示会などに貸し出しまたは提供しています。クラブ・サークルカーリング部カーリングの魅力は、チームワークと心理的な駆け引きです。全国大会2年連続の出場となりました。馬術部(P55写真左上)馬産地である帯広が誇る馬術部は、常に全国のトップクラスで活躍しています。乗馬体験もできるように5月まで仮入部も可能です。アメリカンフットボール部(P55写真左下)北海道学生リーグ1部で準優勝を果たし、ベストイレブンに5名選出されました。新入生も試合に出られるチャンスがあります。剣道部毎年初心者が入部しますが、グングン上達しています。年に3回の合宿や夏のキャンプなどで団結を強めています。マンドリンサークル1965年に同好会として発足した歴史のあるサークル。卒業演奏会や定期演奏会には、多くの市民も訪れます。うしぶ。衛生的で高品質な牛乳を届けるため、畜産フィールド科学センターで飼育している乳牛から、毎日生乳を搾乳しています。酪農どうでしょう牧場見学などを通して、講義や実習では得られない酪農や農業の知識を深めています。その成果は、学祭で展示発表しています。バスケットボール部男子は第65回選手権大会で3部昇格を果たしました。女子は1部リーグ上位を目標に日々活動しています。硬式野球部キャンパス内に専用のグラウンドを有し、2部リーグ優勝、1部リーグ入りをめざして汗を流しています。経験者歓迎します。ソフトテニス部男女混合のソフトテニス部。たくさんの緑に囲まれた専用のコートが5面あるので、贅沢な環境のなか練習ができます。ゼニガタアザラシ研究グループ絶滅危惧種のゼニガタアザラシの調査・研究を目的に1982年に発足。全道に数ヶ所ある生息地で調査を行います。RDAちくだい障がいをもつ人たちと乗馬を通じた交流や、乗馬活動をサポート。関係機関と連携してヘルパー講習会、講演会も開催しています。うまぶ馬について学び、馬とふれあうことの楽しさを伝えることを目的として、2015年に活動を開始している新しいサークルです。ダンスサークル2、3人の部員からスタートして、現在は20人を超えるほどに。ダンスを愛する人は、ぜひ一緒に楽しみましょう。硬式庭球部緑に囲まれた専用コートで楽しく活動しています。王座合宿や卒業生との交流試合などイベントも目白押しです。ラグビー部全国では珍しい芝生のグラウンドで日々練習しています。アットホームな雰囲気の中で一緒にスクラムを組みませんか。吹奏楽部コンクールに向けての練習のほか、帯広市民文化ホールで定期演奏会を開催し、市民とのふれあいを大切にしています。OZUFULおびひろ動物園内にある畜大サテライトブースでの展示品の設置・管理。魅力ある動物園づくりをめざし、イベントの提案もしています。受験生協力隊オープンキャンパスなどで、畜大を受験する学生の相談に対応しています。大学生活がイメージできるイベントなども開催。あぐりとかち2010年に発足し、農業を通して十勝の魅力と食の大切さをアピールすることを目的として精力的に活動しています。弓道部学内弓道場で男女力を合わせて練習に励んでいます。男子は第62回全道学生選手権で団体優勝を果たしました。サッカー部学内のサッカー場で、プレーヤー、マネージャーともに、2部昇格をめざして日々全力で練習に励んでいます。アイスホッケー部学内アイスホッケー場や、大学近隣にある帯広の森スポーツセンターで練習。女子は3年連続全国3位となりました。茶道部週2回の活動に加えて、月に2回お茶の先生を招いて稽古しています。茶道で教養を深め、礼儀作法を身に付けてみませんか。スタディサポート近隣中学校の理科や数学の教員補助や放課後の自主学習を行う生徒の世話など、ボランティアで学習支援をしています。畑作サークル実習ではつくらない作物の育成と収穫をしています。それらを用いた加工品まで手掛け、十勝で育成可能な作物について学びます。カヌー探検部北海道の美しい自然にふれながらのゆったりした川下りから、速さを競う大会まで精力的に活動しています。その他その他●空手道部●柔道部●体操部●卓球部●バドミントン部●陸上競技部●男子バレーボール部●女子バレーボール部●男子ハンドボール部●女子ハンドボール部●スキー部●熱気球の会●漫画研究会●軽音楽サークル●天文部●総合美術部●書道サークル●グライダーサークル●アカペラサークル●畜大SVA(サイエンス ボランティア アシスタント)●自然探査会●森づくりサークルもりとも!●畜大チーズ部 体育系 文化系

元のページ  ../index.html#57

このブックを見る