帯広畜産大学 CAMPUS GUIDE 2019
26/68

25畜産科学課程搾乳などのアルバイトを通し酪農現場では「どう売るか」がより重要なことを実感し、本ユニットを専攻しました。研究テーマは「外国人観光客をどう取り込み、どう地域を活性化させるか」。そこで近隣の空港でアンケート調査を行い、その集計データを踏まえ現状の問題点を明らかに。さらに活性化に向け何が必要かを問題提起する予定です。卒業後は地元・十勝に残り、町づくりに貢献できるような仕事に携わりたいと思っています。06VOICEこんな研究をしています西村 彩夏畜産科学課程4年NISHIMURA Ayaka東京都立若葉総合高等学校出身耕野 拓一 教授KOHNO Hiroichi環境農学研究部門農業経済学分野農畜産物の生産から加工・流通・消費に至る過程を、経済学を中心とする社会科学的なものの見方や知識から総合的に把握し、地域や世界の農業・フードシステムが抱える課題に対応できる人材を育成します。農畜産の生産、加工、流通、消費に関わる諸問題を、経済学や経営学を主とする社会科学的なものの見方や調査に基づき的確に把握するための授業科目を配置します。農畜産の生産、加工、流通、消費に関わる諸問題の把握や分析に必要な社会科学的な専門知識を身につけている。上記の技術および課題解決に向けた基本的能力を身につけている。●●12Curriculum Policy教育課程編成・実施方針Diploma Policy学位授与方針生産から消費までを社会科学的に考察農業経済学ユニットAgricultural Economics

元のページ  ../index.html#26

このブックを見る