帯広畜産大学 CAMPUS GUIDE 2019
8/68

学びの特色07高校教育から大学教育への転換教育を行うとともに、農畜産の専門教育の基礎となる自然科学系科目群主体の基礎知識と技術を育成します。幅広い農畜産関連の基礎知識および技術を教育するとともに、展開教育のユニットを超えて必要な専門分野の知識を育みます。学生がひとりの社会人・職業人として生きるために必要な幅広い教養と世界の文化を学ぶことで、さまざまな状況に対応して主体的に考え行動する力を育成します。外国語を学ぶことで、必要な基礎語学力を有するだけでなく、言語を通じてさまざまな社会や文化を理解できる力を育成します。文学哲学心理学法学(日本国憲法)社会学近現代史体育実技Ⅰ体育実技Ⅱ健康・スポーツサイエンス政治学社会思想社会倫理学健康・スポーツコンディショニング日本語表現論市民生活と法教育原理教育心理学Ⅰインターンシップ日本と世界の食文化国際関係論比較美術史風土と酪農・農業表象文化論基盤教育総合Ⅰ基盤教育総合Ⅱ連携教育総合Ⅰ連携教育総合Ⅱ生物学概論 化学概論 物理学概論 地球科学概論数学概論 経済学概論 情報科学概論 化学実験 生物学実験地学実験物理学実験情報処理基礎演習情報処理演習Ⅰ情報処理演習Ⅱ情報処理演習Ⅲ情報処理演習Ⅳ基礎学術ゼミナール入門生物学入門化学入門数学入門物理学EnglishⅠ(Communication)EnglishⅠ(Grammar & Composition)EnglishⅠ(Reading Skills)EnglishⅡ(Communication)EnglishⅡ(Grammar & Composition)EnglishⅡ(Reading Skills)EnglishⅢ(CALL)EnglishⅢ(Current Topics)EnglishⅢ (Technical Writing)EnglishⅣ(CALL)EnglishⅣ(Current Topics)EnglishⅣ(Technical Writing)EnglishⅤ(Advanced Topics)EnglishⅤ(Communication)ドイツ語会話Ⅰドイツ語会話Ⅱドイツ語会話Ⅲドイツ語会話Ⅳドイツ語文法Ⅰドイツ語文法Ⅱスペイン語Ⅰスペイン語Ⅱスペイン語ⅢBasic English中南米の言語と文化広義の教養教育であり、入学生の学習行動を高校教育から大学教育に転換し、大学で学ぶための基盤を形成するとともに、社会人・職業人として生きるために必要な力を育成すること(人格教育)を目的としています。 開講科目 開講科目 開講科目 開講科目 学ぶ基盤 基礎科目 生きる基盤 共通基盤家畜家禽論農業と経済土壌栽培学基礎農業とテクノロジー食の安全学概論家畜生産と獣医学生態学遺伝学細胞生物学微生物学生物化学有機化学無機化学分析化学基礎物理学応用物理学農業気象学基礎電気工学統計学基礎経済学基礎経営学生物と福祉全学農畜産実習農畜産科学概論Ⅰ(畜産学)農畜産科学概論Ⅱ(食品科学)農畜産科学概論Ⅲ(農学)農畜産科学概論Ⅳ(農業環境工学)農畜産科学概論Ⅴ(環境生命科学)農畜産科学概論Ⅵ(農業経済学)キャリア教育Ⅰキャリア教育Ⅱ社会心理学環境法農畜産関係法動物医科学入門共通教育総合Ⅰ共通教育総合Ⅱ基盤教育知識と経験の基礎づくりから農畜産分野の専門家を育むアドバンス制教育課程Education Systemアドバンス制とは、下級学年では大学で学ぶための基礎となる幅広い知識や技術、農畜産全般の基礎知識を中心とした学習を行い、上級学年に進むにつれて獣医農畜産の特定の分野の深い専門知識・技術の学習へと前進(アドバンス)していく教育課程のことをいいます。とくに畜産科学課程では、入学時には上級学年で学習する専門分野を決定せず、農畜産のさまざまな分野についての基礎知識を学習し、理解を進めながら、それぞれの学生が自主的な判断で自分の学ぶ専門分野を選択していくという方式をとっています。本学のアドバンス制の教育課程は、「基盤教育」「共通教育」「展開教育」の3つの教育分野からなっています。07

元のページ  ../index.html#8

このブックを見る