埼玉大学 平成30年度入学者選抜に関する要項
69/74

Ⅶ障がい等のある入学志願者の事前相談について本学に出願を希望する者で、身体等に障がいがあり、受験上及び修学上特別な配慮を必要とする場合は、出願に先立ち、次により本学へ事前相談の申請を行ってください。なお、不明な点又は事前相談の締切日までに申請することができない場合には事前相談担当までご相談ください。事前相談担当:学務部入試課電話048-858-3036(平日9時~17時)1申請方法申請する場合は、次の該当する①~③を【〒338-8570埼玉県さいたま市桜区下大久保255埼玉大学学務部入試課】あてに提出してください。郵送の場合は、「受験上及び修学上の配慮申請書類在中」と封筒に朱書してください。提出された書類に基づき、本学関係者で検討を行います。ただし、検討の過程において、本人、保護者又は出身学校関係者へ照会する場合があります。①平成30年度埼玉大学入学者選抜試験受験上及び修学上の配慮申請書(本学所定の用紙)申請用紙は、学務部入試課の窓口で直接受け取るか、埼玉大学ホームページからダウンロードして入手してください。(http://www.saitama-u.ac.jp/entrance/exam_info/consultation/hairyo-shinsei.pdf)②医師の診断書(障がいの程度及び必要とする具体的な措置等を記載したもの)発行後6ヶ月以内の原本又は大学入試センター試験において受験上の配慮を申請していて、その後、症状並びに希望する措置等に変更がない場合には、大学入試センターに提出した医師の診断書の写しを提出してかまいません。③受験上の配慮事項決定通知書大学入試センター試験において、受験上の配慮を申請して認められた場合、大学入試センターより「受験上の配慮事項決定通知書」が送付されます。埼玉大学に事前相談を申請する際は、その通知書の写しを提出してください。2申請書提出時期出願受付期間の開始日から換算し20日前までに申請してください。但し、一般入試(前期日程・後期日程)については、平成29年12月26日(火)までとなります。障がいの程度が重度な場合には対応の検討に時間を要することもあります。その場合にはできるだけ早めに申請してください。なお、上記の締切日以降を過ぎた時点で申請した場合は、出願受付期間前に回答することができないことがあります。その場合には、要望事項等への回答が来る前であっても出願受付期間内に出願する必要があるため、出願後に希望した措置の可否が通知されることになります。(出願受付期間を延長することはできません)3申請受付後の回答日出願受付期間開始日の前日(予定)提出された書類を元に、ご希望の措置が実施できるか本学関係者が検討を行い、支障がないことを確認した時点で、事前相談申請書に記載されている住所あてに、回答文書を郵送します。そのため、上記の回答日はあくまで予定日となります。-66-

元のページ  ../index.html#69

このブックを見る