埼玉大学 教養学部 2018
19/24

異なる発想や価値観と出会う機会は、海外留学だけとは限りません。教養学部では、埼玉大学に学ぶ海外の学生との交流を深め、ともに学ぶ機会を創り出しています。その一環として、2015年度にはサマープログラムを開始し、世界各地から参加者を迎えて日本文化について学んでもらうと同時に、本学の学生との国際交流の場として活用しています。在学生がふだんの大学生活のなかで国際性を身につけることができるよう、埼大キャンパスのグローバル化を進めていきます。「グローバル人材」を育てる場としての埼大キャンパス▶▶▶ 次のページに海外留学・海外インターンシップ体験者の声を掲載しました教養学部では2012年から文部科学省による「グローバル人材育成推進事業(特色型)」の支援を受けて、さまざまな取り組みを進めてきました。2016年度に事業が終了した後も、教養学部ではこの間に培ってきたノウハウを生かし、入学試験から卒業後のキャリアプランまでを視野に入れつつ、次のような取り組みを進めていきます。「グローバル人材」を育てるための具体的な取り組み■ 「帰国子女入試」に加え、高校時代に1年間以上海外留学を行った受験者のための  「海外留学経験者入試」を実施し、国際的視野を持つ受験者を積極的に受け入れます。■ 留学志望者のために英語を集中的に学ぶクラスを設置しています。■ TOEFLやIELTSに対応するための授業を設けています。■ 英語によるアクティブ・ラーニングの機会を設けています。■ さまざまな多文化理解科目を提供します。■ 英語による日本理解科目を提供します。■ 本学で学ぶ留学生と共に、文化の多様性を実践的に学ぶ機会を提供します。■ 海外インターンシップに行きやすいカリキュラムを整備しています。■ 海外の日系企業や公的機関におけるインターンシップの機会を提供しています。■ 留学者を想定した事前のキャリア・ガイダンス、留学後学生を対象とした キャリア・セミナー、カウンセリングなどを実施しています。■ 留学関連の授業の履修やインターンシップなどへの参加をポイント化し、  獲得点数の優れた学生に認定証(GALA)を授与します。教養学部でのさまざまな  グローバル経験を、就職活動や卒業後のキャリア形成につなげていきます。■ 「留学相談室」で海外留学に関する情報提供とバックアップを行っています。■ 留学前から留学後に至る一貫した個別指導システムを導入しています。■ 留学に伴う経済負担を軽減するため、奨学金の充実や、  留学先での授業料なしに学生を派遣する仕組みを整えています。■ 留学先で修得した単位を教養学部の卒業単位として認定し、  半年間ないし1年間留学した場合でも、4年間で卒業できる仕組みを整えています。グローバル化に対応した入試英語スキル教育の強化海外インターンシップの促進留学支援体制の充実留学後の就職・進学支援GALAプログラム文化の多様性をさまざまな視点から理解するための教育19

元のページ  ../index.html#19

このブックを見る