埼玉大学 教育学部 2018
22/32

谷川 潤2年生こんな授業こんな研究Student'sVoice芸術専修美術を学ぶ喜び、教える楽しさ学校教育教員養成課程子どもは何かを描き、夢中で何かを造っていきます。まだ芸術とか、そんな言葉を知る前の話です。美術は一体何の役にたつのでしょうか。意味も考えずにただ楽しく自然に行っていた造形活動ですが、夢中で取り組む活動には重要な意味がある筈です。皆さんと、美術を学び、教える意味はどこにあるのか、一緒に考えてみませんか。芸術専修の図画工作・美術分野は美術表現の幅広さや奥深さ、そして美術を礎として教育の意義を学ぶことを目的としています。絵画、彫刻、デザイン、工芸、美術教育の5領域の全ての分野を、それぞれの専門の教員から学ぶこととなります。そして全ての領域の基礎を学んだ後に、いずれかの領域の研究室に属し、卒業研究に取り組むことになります。専修内は小学校教員養成課程と中学校教員養成課程に分かれ、それぞれの教員を目指すことになりますが、希望すれば高等学校の免許を取得することもできます。卒業後は概ね小,中学校の教員になりますが、高等学校の教員、大学教員になる者も居ます。又、大学院(修士課程、博士課程)に進学したり、社会の多様なフィールドで活躍する人も増えています。木彫、彫刻、デザイン、絵画の授業があります。廊下を歩いていると、木の香りが漂ってきます。覗くと工芸の部屋からは、鋸の音・鑿の音も聞こえています。絵画室からは、油彩の香りが漂っています。そこにあるのは、美術の追求の空気です。自らの感覚を開き、目に映るものを見、触れるものを触り、自分自身を変化させ、つかむべき世界を求めてゆく、可能性と真摯に向き合う凛とした空気です。まず私立では考えられない少人数性ということが特徴として挙げられます。これは信じられなく恵まれた環境で、絵画、彫刻、デザイン、工芸、美術教育・理論と幅広い分野を専門とする教授陣と学生との関係性が濃密になることを表しています。また、美大で学ぶ美術とは異なり、「教育」という側面に立ち、他教科の教員を志す生徒と意見を交換することが出来たり、ミュージアムコラボレーションなど実践的な講義を受けることが出来たりするところも本分野の魅力と言えます。吉岡 正人 絵画(油彩・テンペラ)小澤 基弘 絵画(油彩・アクリル)石上 城行 彫刻高須賀昌志 デザイン横尾 哲生 工芸池内 慈朗 美術教育学・芸術表象論内田 裕子 美術科教育学■ 専任教員図画工作科指導法、中等美術科指導法、絵画基礎実技、絵画研究、彫刻基礎実技、彫刻研究、デザイン基礎実技、デザイン研究、工芸基礎実技、工芸研究、美術史概論、日本美術史、西洋美術史、造形芸術学概論、美術理論、ミュージアムコラボレーション 他木工の授業風景彫刻の授業風景絵画のアトリエでの制作風景工芸基礎実技(素材に触れる)デザインの授業風景美術における追求の姿勢はそれぞれ多種多様で、彩は限りなく生まれ、確実に、その人となりを育んでいきます。そして、その切磋琢磨の在り方、それ自体を社会に還元すべく、教育的視座も学ぶこともできます。自らの可能性を求める姿勢、それは、次世代の可能性を信じることにつながります。あや講座のURL● http://www.edu.saitama-u.ac.jp/content/dept_test3_01_02b_ma.html   (埼玉大学HP内の美専紹介ページURLです)小学校コース中学校コース図画工作分野美術分野■ 主な授業科目 ■▶ 横尾 哲生 教授20

元のページ  ../index.html#22

このブックを見る