埼玉大学 教育学部 2018
30/32

先生として活躍する卒業生 4月に着任してから、怒濤のように月日が流れていきました。その中でたくさんの経験を積ませていただき、教育というものの大切さや責任の重さを実感できるようにもなってきました。現場には、大学では得られない数多くのものがあります。しかし、今思えば、大学での4年間もまた、今となっては得難い経験だったのだと感じます。どんな場所であっても、その場でしか得られないものがあります。それを、皆さんの人生の宝にしていってほしいと思っています。安部 一成埼玉県白岡市立南小学校国語専修 2016年卒業Message:01小学校/国語 私は大学四年間、経験から学ぶことを大切にしてきました。とくに、三週間の教育実習での学びは、教員生活四年目を迎えた今でも活かされている部分があります。大学時代に実体験を交えて学ぶことができたのは、貴重な経験であったと切に感じています。大学では、学問に集中して励み、幅広い取り組みを通して見聞を広めるチャンスがたくさんあります。アンテナを高く張って、すてきな経験を積み重ねてください。荒 佳乃美埼玉県川越市立高階小学校社会専修 2014年卒業Message:02小学校/社会 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■。■■ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 201X年卒業Message:00■■■■■ 私は現在小学校の教員として働いています。働いていて大学時代の経験がとても役に立っているなと思うことがあります。大学時代に今まで自分がやらなかったことを積極的にチャレンジしてみました。スポーツをしたり、読まなかった本を読んだりといった経験が小学校の多種多様な現場の中で生かされることがあります。「将来使わないだろう」と自分勝手に捨ててしまうのではなく、「これはどこかで使えるかも」と思い、いろいろな事にチャレンジしてみてください。川澄 達矢埼玉県草加市立青柳小学校学校教育臨床専修 2013年卒業Voice:01小学校/国語 もともと保育士を目指して入学した私に、幼稚園教諭という新たな夢の選択肢を与えてくれたのが埼玉大学でした。豊かな自然に囲まれ、少人数のアットホームな雰囲気の中で、仲間と共に笑い、時には悩み、そして支え合いながら学べる環境がここにはあります。ここで出会った仲間の存在や、学びが今の私の大きな支えとなっています。皆さんも素敵な仲間と一緒に学びを深め、自分だけの夢を見つけて、ぜひその夢を実らせてください!栗栖 遥東京都江東区立豊洲幼稚園乳幼児教育専修 2015年卒業Message:05幼稚園 全国各地からたくさんの人が集まる大学では、これまで以上に多くの人と出会い、多種多様な経験をするチャンスがあると思います。部活や勉強、サークルや趣味など、大学で学んだことや経験したことは、卒業後も自分の中でとても大きなものとして残っています。どんな経験も自分の糧となり、社会に出てからもさまざまな場面で活きてきます。長いようで短い4年間、先生方や仲間たちとともに、ぜひいろいろなことへのチャレンジを楽しんでください!阿部 裕樹埼玉県さいたま市立三橋保育園乳幼児教育専修 2013年卒業Message:06保育園 大学では同じ養護教諭を目指す仲間と、いつでも親身になって温かくご指導くださる先生方に支えられ、充実した日々を過ごすことができました。また勉強以外にも様々な経験を通して、人とのつながりや自分らしさを磨いた学生生活でした。養護教諭は一人職ですが、日々子供の命と向き合うこの仕事はとてもやりがいがあります。今しかない学生生活や人との出会いを大切に、みなさんもそれぞれの夢を叶えてくださいね。応援しています。森實 祥子東京都立川市立大山小学校養護教諭養成課程 2015年卒業Message:07小学校/養護教諭 講義やボランティア活動を通して多くのことを学び、サークル活動にも打ち込みました。自分にとってかけがえのない大学生活は、あっという間に過ぎ去った4年間です。在学中に出会った様々な「人」とのつながりは、教員となった今でも自分を創り続ける大きな土台となっています。先生方や仲間とのつながりを深め、学びと自主的な活動に挑戦し、ぜひ充実した大学生活を送ってください。佐藤 朱香埼玉県さいたま市立さくら草特別支援学校特別支援教育専修 2016年卒業Message:08特別支援学校 大学生活では履修を始め、すべて個で考え行動する場所でした。自由な反面、自分を律することが難しく、楽しさと苦労が半分ずつだったように思います。特に研究では、自分にとっての美術観について向き合い、一冊の論文にまとめたことは良い経験でした。しかし、働く上での学校はチームです。個としての力量も大切ですが、協力する必要があります。是非みなさんには研究を深めるとともに、よく遊び、人生経験豊かな人として教壇に立ってください。清野 大二郎埼玉県日高市立高萩中学校教育学研究科教科教育専攻修士過程 2010年卒業Message:03中学校/美術 家庭科教員は生活に関わること全てを教えるため、特に広い視野と専門的な知識が必要です。埼玉大学では、専門の知識・技術だけでなく、他校種、他教科、教育に関わることを多様に学んだおかげで、狭い世界に偏ることなく常に視野を広げて成長することができました。一見関係ないと思えることでも、意外なアイディアにつながります。サークルなど課外活動も含め、食わず嫌いをせずに様々な経験をして吸収して欲しいと思います。浅見 祥代埼玉県立富士見高等学校家政専修(現:生活創造専修家庭科分野)2015年卒業Message:04高等学校/家庭科次は君の番かもしれない!28

元のページ  ../index.html#30

このブックを見る