埼玉大学 教育学部 2018
6/32

カリキュラムの特色学校種別にきめ細かな指導体制が準備されています 埼玉大学教育学部、カリキュラムのあらまし 埼玉大学教育学部では、小学校・中学校・高等学校・幼稚園・特別支援学校の教諭や養護教諭、保育士になるために、各々の学校種に応じた特色あるカリキュラムを用意しています。■中学校コース、乳幼児教育コース、特別支援教育コース、 養護教諭養成課程ではどのように学んでいくか? 中学校コースでは、1年次のうちから自分の専門分野である各教科に関る学問(「中等教科専門科目」といいます)をより深く学びはじめます。もちろん、小学校コースとほぼ同じように、「教職専門科目」や「教職キャリア科目」などを通じて中学校教員になるために必要なことをしっかり学ぶことができます。 また、乳幼児教育コース、特別支援教育コース、及び養護教諭養成課程についても、各々の学校種の教育に携わるために必要な力量を育むためのカリキュラムが用意されています。■小学校コースでは4年間でどのように学ぶのか? 1年次  1年次では、小学校教員になるための心構えとは? 教育とは何か? 学校教育が抱える問題とは? 子どもを理解するには? といったテーマを扱う「教職専門科目」や、各教科を教えるために必要なことがらを扱う「初等教科専門科目」など、幅広いジャンルの基礎的な授業科目を受講していきます。1年次の間に各専修(分野)への配属が決まります。 2年次   各専修(分野)の学問分野の基礎を学びます。 3~4年次  各ゼミに入って自分の専門分野を定めて研究を進めますが、これと併行して、教職に関る授業や実習や、後述の「教職キャリア科目」などの履修も進めていき、あらゆる方面から小学校教員としての資質を高めていきます。■どんな科目があるか? 一口に教員の力量と言っても、様々なジャンルがあります。そこで、「教職キャリア科目」の中に、以下のようないくつかの科目群を設けて各方面からの力量アップをサポートしていきます。  ❶ キャンパスを出て教育現場を含む様々な機関・施設で体験をする 「参加的実践的学習科目」  ❷ 現代の教育現場で注目されているテーマを考える 「現代的教育課題科目」  ❸ 各教科について、より深い学術的な内容や各教科の指導のあり方を学ぶ 「教科力向上科目」  ❹ 広く教育に関るジャンルを論じる 「教育総合科目」  ❺ 教員採用試験を突破するための力量を鍛える 「キャリア形成科目」■どのように履修していくか? この中から定められた数の授業科目を履修しますが、もちろん、自分の興味や関心に沿って、自由に授業科目を選ぶことができます。「教職キャリア科目」とは?「教職キャリア科目」は、一言で言えば、「教職専門科目」や各専修(分野)の授業ではカバーしきれない部分を補い、教員として必要な力量を向上させるものです。4

元のページ  ../index.html#6

このブックを見る