埼玉大学 経済学部 2018
10/20

:グローバルタレントプログラムGTPGlobal Talent Program 私たちを取り巻く社会は、あらゆる側面でグローバル化の影響を受けており、生じる問題も地球規模で考えなければ対処できなくなっています。例えば環境問題や格差問題など、社会科学分野の素養が必要とされる課題も多いです。 一方、そうした諸課題に取り組むには、異なる文化背景の人々と議論し協働できる能力も身につけなければなりません。 社会科学の基礎力と国際力―この時代的な要請に応える人材の育成を目指すのがグローバル・タレント・プログラムです。日本語+英語=複眼思考×深み グローバル・タレント・プログラムは、社会科学の基礎力と国際力の2つを育成するために、通常カリキュラム(主に日本語)と追加のプログラム用科目(主に英語)の二層構造になっています。 社会科学の基礎力は、通常カリキュラムで身につけます。埼玉大学経済学部では4年間で経済学、経営学、法学といった分野を軸に学習が進むよう設計されています。専門科目を日本語でしっかり学ぶことで、確実な知識の獲得を目指します。 国際力は、プログラム用に追加される科目やプロジェクトを通して育みます。実際の国際経験も含め、日本語以外で考えることが求められる中で自然と複眼的なモノの見方ができるようなクセをつけていきます。 プログラムに参加する学生は在学中、参加していない学生に比べて授業も課題も多く、かなりのチャレンジを要求されます。しかし、グローバルに活躍する実力を身につけるために4年間頑張りたいという人にはぜひ参加してほしいプログラムです。具体的には、1年次から英語ゼミにも参加し、夏休みには3週間の海外研修にも行きます。2年次に1年(または半年)の交換留学を経て、4年次には卒業プロジェクトとして英語で卒業論文を作成します。詳しくは、(http://www.eco.saitama-u.ac.jp/5-gtp/)をご参照ください。プログラムの流れ世界に通じるコミュニケーション能力の修得を目指す2年次1年次3年次4年次外国語基盤科目基本科目専門科目専門科目外国語基盤科目英語専門科目英語専門科目演習Seminar卒業研究GT Basics I,Ⅱ,Ⅲ海外交換留学論文計画作成・論文執筆アカデミック・アドバイス留学相談奨学金案内アカデミック・アドバイス英語ブラッシュアップ国際ネットワーキング支援留学サポートフォローアップ1 自分と社会に関する問題意識を深める2 世界を理解する3 問題を発見し、その解決策を探る第1ターム第2ターム第3ターム第4ターム第1ターム第2ターム第3ターム第4ターム第1ターム第2ターム第3ターム第4ターム第1ターム第2ターム第3ターム第4ターム9

元のページ  ../index.html#10

このブックを見る