埼玉大学 工学部 2018
11/20

Department of Information and Computer Sciences10Department of Information and Computer Sciences卒業生からのメッセージ高速処理とセキュリティ 科学シミュレーションなど、計算機科学のさまざまな分野で大量のデータをより速く処理する技術が求められています。高速数値計算アルゴリズムや物理現象に基づいて超高速に乱数を生成する技術の研究をしています。また、セキュリティのための暗号理論やゲーム理論など、論理的な問題を扱う研究も行っています。通信技術とコミュニケーション 携帯電話やインターネットなどで活躍する通信技術について、より品質の高い安定した通信が可能になるような通信・信号処理技術の研究を行っています。知識処理とデータベース ネットワークを最大限活用したデータベースや道路ナビゲーションをさらに発展させる地理情報システムなどの研究を行っています。また、プログラムを自動的に生成する技術としてプログラミングの知識をデータベース化することで高品質なソフトウエアを効率よく開発する方法や、既存の知識から新しい知識を推論する発見的知識処理方法などの研究を行っています。センシングとシステム 人間と同じような視覚や聴覚などの感覚をコンピュータで実現する知的センシングの研究を行っています。センシングによって得られた状況を理解してロボットが行動するシステムや、人間の活動を支援するロボットの研究を行っています。また、コンピュータを使いやすくするインタフェースの研究もしています。 毎年、卒業生に対して多くの求人があり、就職希望者のほぼ全員が、大企業でのソフトウエアや製品の開発、ゲーム制作会社など、幅広い分野に就職しています。また、理系技術職では、高い専門性を持った博士前期課程(修士課程)修了者が求められていることから、卒業生の半数以上が大学院へ進学し、最先端の知識や専門性を身につけ、高度な技術者として社会で活躍しています。さらに世界で活躍する研究者をめざし、毎年数名が博士後期課程へ進学しています。卒業したら▲ 自動的に動くロボット車いす▲ 空中タイピングインターフェース 情報システム工学科では基礎から学び始められるため、コンピュータに興味があっても専門的なことは分からないという方も心配ありません。私もプログラミングの経験などはなく不安でしたが、先生、TAの先輩方、一緒に勉強する友人に気軽に質問できたので、少しずつ理解していくことができました。私は講義の中で情報セキュリティの分野に興味を持ち、勉強するにつれその分野だけでなく他の分野との繋がりも重要であると気づきました。そのような場合でも情報システム工学科では豊富に科目が用意されており、幅広い知識を身につけることができます。また、具体的にしたいことが決まらない方にとってもやりたいことを模索できるとても良い環境だと思います。 私は高校生の頃からゲームを作る仕事に就きたいと思っていました。ゲームに関わる仕事の中でもゲームのプログラムを作ることに興味を持ち、それについて学ぶことができる情報システム工学科に入学しました。授業ではプログラミングについての講義や演習だけでなく、数学や物理など関連した分野についても学ぶことで、他分野の重要性に気づき、自ら色々なものについて学んでいく力を身につけることができました。また、研究を通して、ただ学ぶだけでなく、自分で問題を設定して解決し、それを伝える力を磨くことができました。実際に希望していた仕事にも就くことができ、それが仕事にも役に立っていると思います。皆さんも興味があることを追求して夢を実現してください。平成28年度 大学院博士前期課程情報システム工学コース修了関口  峻任天堂株式会社

元のページ  ../index.html#11

このブックを見る