埼玉大学 工学部 2018
8/20

SAITAMA UNIVERSITY07SAITAMA UNIVERSITY02Department of Electrical Engineering, Electronics, and Applied Physics 電気電子物理工学科在学生からのメッセージ  太陽電池、ワイヤレス通信、スマートフォン、LED、レーザー、高密度磁気記録、半導体、電気自動車...電気電子物理工学はいつも技術革新の中核 これまで数え切れない最新の電気電子および電子材料技術が、日常生活・産業界を大きく変えてきました。これからもそれらを支え、技術革新で社会に大きな変革や恩恵をもたらすのが電気電子物理工学です。電気電子物理工学の根幹:物質科学に根差したハードウェア・ソフトウェア、そしてシステムの教育研究 埼玉大学電気電子物理工学科では、ハードウェア技術(電力、光・電子材料およびデバイス、集積回路、通信回路)はもちろんのこと、これらを有機的に結びつけるソフトウェア技術(情報通信や制御技術、人工知能技術)、そしてハードウェアとソフトウェアを統合したシステム創成等に関する教育・研究を行っています。ハードウェアとソフトウェアの融合は、現代のモノづくりの基盤です。今後、この流れはますます加速していくことでしょう。 これまでの電気電子システム工学科に光・ナノテクノロジーを基盤にした「機能材料・デバイス」の分野を増強した電気電子物理工学科へと改組します。次の新しい世界に向かって、基礎から最先端技術までを電気電子物理工学科で学びませんか。 現在のどのような最先端の技術も、その基礎なくして成立しませんし、一朝一夕でできあがったものではありません。電気電子・物性に関わる基礎科目の重点学習 そこで、本学科では1年次~2年次にかけて電気電子物理工学に関わる基礎科目を重点的に学べるカリキュラムを提供しています。入学と同時に学科の基礎である回路、および専門基礎の講義が始まり、講義とともに演習科目を通して、問題を「自ら解く」ことを重要視しています。少人数制の実験科目 実験科目には講義内容の進行に沿ったテーマがあり、少人数グループによる実験およびレポート作成を通して実験遂行能力、論理的考察力やプレゼンテーション能力を身につけることができます。専門的知識の習得 3年次以降は、より専門性の高い技術を体系的、総合的に修得できるように、3分野の専門科目群((1)エネルギー・制御系、(2)材料・デバイス系、(3)情報通信・回路システム系)があります。自らの興味・関心に応じて、その系の科目を中心に履修できます。卒業研究:最先端の研究へ 4年次では卒業研究があり、研究室に所属して1年間研究を行います。特定の研究テー何を学ぶの?▲10兆分の1秒という緻密さで任意波形を制御する光シンセサイザ平成26年度電気電子システム工学科(現 電気電子物理工学科)入学大月 翔平どんな学科?理工系基礎教育科目●理工学と現代社会 ●生物学基礎 ●化学基礎●微分積分学基礎 ●線形代数基礎 ●電磁気学●情報基礎 ●工学入門セミナー ●技術者倫理 ●基礎物理学 ●プログラミング演習 ●統計力学 ●量子力学●エネルギー環境問題●卒業研究●基礎電気回路 ●基礎電子回路 ●電気回路 ●電気エネルギー基礎工学 ●パワーエレクトロニクス●基礎電子物性 ●デバイス工学 ●電子回路 ●電子材料工学●電気電子物理工学実験Ⅰ~Ⅲ ●計測工学 ●情報通信工学 ●システム創成学 ●光エレクトロニクス●課題解決型演習 ●産業創成論 ●電気電子と職業●イノベーションとマーケティング1年次2年次3年次4年次工学部教養科目学科専門基礎科目学科専門科目イノベーション科目■ カリキュラムイメージ電気・電子・情報通信および材料・デバイス等について学び、各技術の専門性を高めます。○上表の理系科目以外に、グローバル人材を育成するために必要な英語(必修)および人文・社会科学系科目(選択必修)も学びます。

元のページ  ../index.html#8

このブックを見る