埼玉大学 2018 SAIDAI GUIDE
12/48

教養学部Liberal Arts❶ 高等学校までの課程の教育内容を幅広く修得している人❷ 自らを高め、社会に貢献する意欲と経験のある人❸ 様々な地域・時代の人々及びその文化に関心と敬意を抱ける人❹ 英語をはじめとする外国語を修得する意欲のある人入学時に求める学生像学部の特色グローバル・ガバナンス専修課程[国際関係論専攻/国際開発論専攻]現代社会専修課程[社会コミュニケーション専攻/地理学文化人類学専攻]哲学歴史専修課程[哲学専攻/芸術論専攻/歴史学専攻]ヨーロッパ・アメリカ文化専修課程[ヨーロッパ文化専攻/アメリカ研究専攻]日本・アジア文化専修課程[日本文化専攻/東アジア文化専攻]❶ 豊かな教育課程 ─ 文化と社会について幅広く学ぶ人文科学と社会科学の中から幅広い分野をそろえ、それらを5つの専修課程・11の専攻にまとめています。1年次の終わりに自分の進む専修・専攻を選択し、2年次から専門的な学びを進めていくことになりますが、自分の関心に応じて、他の専修・専攻の授業も幅広く学べるようなカリキュラムになっています。さらに、自分が所属する専攻以外の科目群を体系的に学ぶ副専攻制度もあります。❷ 研究法・実習・演習の重視 ─ 深く学ぶ専門分野をより深く学ぶと同時に、自分自身で問題を発見し探究する力を身につけるため、多様な種類の授業をそろえています。講義に加えて、意見の発信やディスカッションを重視する演習、専門的な学びの手法を身につける研究法、現場やモノに触れながら実践的に学ぶ実習の授業も重視しています。また、3・4年次になると大学院の授業の一部を履修することもできます。❸ アドバイザー制度の充実 ─ 学びをサポートするあらゆる学年で学修サポートの仕組みを整えて学生の学びを応援します。1年次の時には、学生ひとりひとりに「アカデミック・アドバイザー」の教員がつき、履修計画や大学での学び方について助言します。また、2年次からは所属する専修課程の教員がさまざまな相談に応じます。埼玉大学のグローバル人材育成推進事業の中心として、海外留学や海外インターンシップの支援などを行っており、留学準備のための英語クラスや日本の文化を英語で学ぶ授業などを開設しています。高校時代に留学をした受験生を対象に「海外留学経験者特別入試」も実施しています。また、世界のさまざまな地域の文化や社会を学ぶ授業を通じて、日本にいながら国際性を養うこともできます。このように、さまざまなやり方でグローバル社会で生きるために必要な「考える力」と「解決する力」を育てるのが、教養学部の特長です。グローバルな教養と行動力をめざして─ 国際性を深めるための多様なカリキュラム教養学科豊多11 │ SAITAMA UNIVERSITY GUIDE 2018

元のページ  ../index.html#12

このブックを見る