埼玉大学 2018 SAIDAI GUIDE
14/48

資料や情報の探し方からレポートの作成方法まで、大学における学びと研究に必要な基礎知識・技術を身につけることを目指す、新入生のための授業です。アカデミック・スキルズ〈読む・書く・話す〉という英語における3つのスキルを一体化した科目。具体的なシチュエーションを想定し、実践的なコミュニケーション能力を養います。Integrated English Skills世界主要国の在京大使館より外交官を招き、主として英語による講義を通じ、各国の開発・援助に関する具体的な計画・政策の内容・成果・問題点等を聴取し、意見交換等を実施します。International Development Policy and Management2つの相対立する集団とジャーナリストたちの3つのグループに分かれて、戦略的コミュニケーションの過程のダイナミクスを学生たち自身で実際に作り出してもらいます。このチーム同士の「競争」を、3ケ月間実際に実践します。メディア論演習Ⅸカントからプラグマティズムまで、ヨーロッパ近現代における哲学の流れを概観しつつ、哲学者たちの言葉や概念を活かして、人間や文化についてみずから考える可能性を探求していきます。哲学史概説Bイタリア半島の代表的な都市を、それぞれの都市が生み出した映画、文学、演劇作品などを取り上げながらめぐってゆき、イタリアとそこに映しだされた地中海の歴史への理解を深めます。地中海文化圏講義Ⅰ明治期から昭和の戦後期にかけて発表された短編小説を、おもに「都市」という視点から読み解くことによって、日本文化の重要な側面についての理解を深め、文学研究の可能性について考えます。日本近現代文学演習Ⅲ卒業研究他専修課程・他学部の専門科目国際政治学入門、社会学概説、歴史学入門、ヨーロッパ研究入門、日本・アジア文化論社会科学科目群、自然科学科目群、テーマ科目群、市民教育科目群アカデミック・スキルズ英語スキル教育科目群、外国語科目群Integrated English Skills、ドイツ語、フランス語、ロシア語、中国語、韓国語世界政治の分析手法、文化人類学実習、芸術論研究法、近代経済学研究法、韓国文化研究法国際紛争の平和的解決、Contemporary International Aairs、アフリカ民族誌、都市地理学、現代哲学、東アジア考古学、スラブ世界と日本、アメリカ社会概論、日本語の歴史、中国文化の現在Seminar in Development Economics、メディア論演習、言語学演習、ヨーロッパ文化演習、日本古典演習現代のジェンダー、世界の中の日本文化自由選択科目多文化理解科目演習講義実習・研究法語学基礎講義基盤科目外国語科目学修の流れ専 門 科 目アカデミック・スキルズや外国語などで、大学での学びの基礎体力をつけつつ、所属専修を選ぶ準備をします。専修・専攻での学びがスタート。専門分野の基礎を学ぶ講義から、実習、研究法、演習まで幅広く学びます。専修・専攻での学びと研究をさらに深める時期ですが、他の専修の授業を取るなど、学びの幅を広げるチャンス。学びと研究の総仕上げとして、卒業研究に取り組みます。1年次2年次3年次4年次所属専修選択4年間のカリキュラム科目紹介専門科目の欄では、5つの専修課程で開設する科目の一部を紹介しています。13 │ SAITAMA UNIVERSITY GUIDE 2018

元のページ  ../index.html#14

このブックを見る