埼玉大学 2018 SAIDAI GUIDE
15/48

●グローバル・ガバナンス専修課程■なぜ欧米とロシアの協調は崩れたのか?   ―国際環境要因から見るロシア外交姿勢の転換―■NAFTAとメキシコ経済   ―NAFTA後のメキシコ経済停滞の要因を考える―●現代社会専修課程■SNSを通した家族間コミュニケーションの可能性■3.11復興ボランティアは、なぜ被災地に定住するのか   ―宮城県石巻市を事例に―●哲学歴史専修課程■等位接続構造への生成論的アプローチ■まなざされる〈透明〉 ―現代日本における「少女表象」を読み解く―■縄文時代の「高齢者」 ―墓制から読む年齢階梯制―●ヨーロッパ・アメリカ文化専修課程■ロベール・ブレッソンの映像に於ける「聖なるもの」 ―「存在」にみる恩寵の現象学―■ビールストリートの観光地化 ―政治、産業と価値観の変容による文化の変容と消費―●日本・アジア文化専修課程■「後奈良院御撰何曾」考 ―諸本の関係性を巡って―■パウンドの詩集「中国」に見られる女性像 ―第一次世界大戦との関わりから― 高校時代は大学で学びたいことの具体的なイメージが湧かなかったため、汎用性の高い教養学部への受験を決めました。今は現代社会専修社会学専攻で会話分析やメディア、アイドルなど幅広く学んでいます。ゼミではロボットと人間のコミュニケーションをテーマに研究を行っており、人間同士の会話と人間とロボット間の会話を比較・分析しています。また、ゼミの一貫で秋葉原へ地下アイドルの公演を見に行ったこともありました。将来の夢は、多くの人と関わることができる営業職の仕事に就くことです。お客様や周囲から信頼され、「あなただからこそ任せたい。」と言って頂ける社会人になることが目標です。Liberal Arts現代社会専修課程江畑 聖亜さん 秋田県立秋田高等学校 出身哲学歴史専修課程吉田 大成さん 秋田県立能代高等学校 出身 私が在籍する哲学歴史専修課程の芸術論専攻は、近代以降の作品を対象としたものや、美学などの授業が充実しています。伝統的な絵画、彫刻、建築というくくりでなく、より広範な事柄との関わりの中でアートを考えるのがこの専攻の特徴です。 また、教養学部は他の専修・専攻の授業も学べるので、私はヨーロッパ文化専攻の科目を履修しています。絵画や建築を通して文化を分析する授業は、芸術論専攻ともつながります。 教養学部の授業内容は多様で、レポートが課題となることが多いですが、自分で調査し、考えをまとめ、それを人に伝える力は将来必ず役立つと感じています。教養学部卒業論文・研究タイトル例在学生の声12345金ドイツ語圏の芸術Ⅱ現代の民族12345木English for Specic Purposes社会学演習Ⅵ集団の社会心理学12345水経済人類学メディア研究法ドイツ語圏文化特殊講義Ⅰ文化地理学12345火美学ⅣCALL地理学概説12345月近現代日本の政治と社会Ⅱ江畑 聖亜さん〈2年次/後期〉時間割表12345金経済学概説経済学概説フランス語Ⅱa (表現)12345木ヨーロッパ研究入門、美学概説Aヨーロッパ文化演習Ⅴ12345水現代発達科学入門芸術論Ⅰ芸術論演習Ⅰ芸術論演習Ⅰ12345火美学Ⅰヨーロッパ研究入門、美学概説A哲学研究法Eギリシャ語Ⅰ12345月現代発達科学入門英語Ⅱフランス語Ⅱa(購読)芸術論史研究法Aフランス文化演習Ⅰ吉田 大成さん〈2年次/前期〉時間割表SAITAMA UNIVERSITY GUIDE 2018 │ 14

元のページ  ../index.html#15

このブックを見る