埼玉大学 2018 SAIDAI GUIDE
22/48

1年次で学ぶ、教員を目指す第一歩となる重要な授業。教員になるための心構えから始まって、学級経営や保護者対応など、様々な観点から基礎的・基本的内容を学修する。教職入門(教職専門科目)受講生が、初等教育において、図画工作科を教えるための基礎的知識と技能を養うことを目的とする授業。図画工作・造形美術の基礎理論と、感性・非言語的思考やヒューマン・ポテンシャルの開発としての児童における造形教育の可能性を探る。図画工作科指導法(教職専門科目)幼稚園・保育所で行われる保育活動の展開や、そこでの幼児の主体的な活動の流れとは何かを理解し、その上で、保育方法論、遊び論、保育者論などを通して教育のあり方を考える授業。幼児教育方法(乳幼児教育コースの専門科目)教育職員としての養護教諭の基本理念を理解し、養護実践を行うために必要な知識、技術、方法を習得するための授業。養護概説(養護教諭養成課程の専門科目)キャンパスを出て、小学校や中学校など教育の現場で教師生活の一端に触れ、学内の授業では得られない体験をする参加型の実践的な授業。学校フィールド・スタディ(教職キャリア科目)〈教育実習について〉本学部では1年次の「教職入門」や2年次の「基礎実習」で、教師になるための実践的な内容を段階的に学び、体験しますが、これらを基盤にして3年次には「応用実習Ⅰ」を履修します。これは、実習校に配属されて4週間の経験を積むプログラムです。4年次には「応用実習Ⅰ」とは違う学校種で「応用実習Ⅱ」を履修することもできます。障害のある子どもの発達および教育を保障することの意義を理解するための授業。特別支援教育概論A教育学概説A(本質)・教育心理学概説生徒・進路指導論(初等)教育相談(中等)初等各教科指導法・中等各教科指導法教育社会学概説・環境教育フィールド=スタディ・教育臨床演習・心理カウンセリング実習・国語教育総合演習・現代英語・倫理学概論・代数学・生物学演習・ソルフェージュ・西洋美術史・武道・住居学・機械技術の基礎保育造形実践・乳幼児心理学・子どもの食と栄養・社会的養護論・保育実習初等社会科概説・図画工作概説漢文学特講・英米文学史・日本史学研究入門・情報数理・生物学・ピアノ演習・デザイン基礎実技・陸上競技・金属加工の基礎・被服学障害児の心理と指導・特別支援教育概論・肢体不自由児指導法・特別支援教育応用実習学校保健・養護概説・栄養学・解剖生理学・学校看護学・臨床実習 教育と人間形成・特別支援教育入門・子どもの安全と防災教育・ストレス=マネジメント・木の学校/木の教育・小学校英語活動入門・キャリア形成科目学校フィールド=スタディ・サービス=ラーニング介護体験卒業研究教職入門基礎実習応用実習Ⅰ応用実習Ⅱ・教職実践演習市民と憲法・情報基礎・スポーツ実技人文学科目群・社会科学科目群・自然科学科目群英語スキル科目群、外国語科目群教職専門科目専修専門科目初等教科専門科目中等教科専門科目特別支援教育専門科目養護教育専門科目教職キャリア科目外国語科目基盤科目学修の流れ専 門 科 目教職入門をはじめ、教員になるための基礎的な知識や教養を学ぶとともに、自主性を重んじる大学におけるアカデミズムの初歩を味わう。教員となるための準備の最終段階として、学内・学外で様々な経験を積む。また、これまで高めてきた学術的な探求能力を卒業研究として形にしていく。1年次に修得した知識・経験をもとに、より実践的な授業を経験し、教員としての各種スキルを高める。応用実習Ⅰでの体験を軸にして、教育現場で力を発揮するための力量を養う。また、自分が所属するゼミでの学問上の研鑽も同時に進める。1年次2年次3年次4年次4年間のカリキュラム科目紹介専門科目の欄では、2つの課程で開設する科目の一部を紹介しています。21 │ SAITAMA UNIVERSITY GUIDE 2018

元のページ  ../index.html#22

このブックを見る