埼玉大学 2018 SAIDAI GUIDE
33/48

 本研究科は、社会人や留学生に対して門戸を広げ、すべての講義、論文指導を英語で受け、英語のみで修了できるプログラムを開設し、東京ステーションカレッジで夜間に授業を開講するなど、多様な学びと研究の場を提供しています。また、他の専攻の科目も履修しやすいカリキュラムを編成し、企業・官庁の実務担当者による講義(日本銀行、財務省、JICA等)やNPO、行政機関、博物館などとの共同研究、ワークショップを行っていることも特徴です。専門的研究の深化と学際的視野の広がりを!学校教育専修 教育学分野、幼児教育分野、心理・教育実践学専修 心理学分野、教育実践学分野、学校保健学専修言語文化専修 国語分野、社会専修、自然科学専修 数学分野、芸術専修 音楽分野、身体文化専修 保健体育分野、生活創造専修 技術分野他 10専修・分野修士(教育学)専攻名修士課程学校教育専攻教科教育専攻専修・分野名取得可能学位人文社会科学研究科 本研究科は、現代社会のグローバル化、知識基盤社会への変貌に対応した総合的な学びと研究の場を実現するために、文化科学研究科と経済科学研究科を統合して設置されました。これまでの教育や研究をベースにグローバルな視点で文化やビジネスの領域で幅広く活躍できる人材の育成を目指します。修士(学術)修士(学術)修士(経済学)修士(経済学)/ 修士(経営学)専攻名博士前期課程文化環境専攻国際日本アジア専攻(日本アジア文化コース)国際日本アジア専攻(日本アジア経済経営コース)経済経営専攻取得可能学位博士(学術)博士(経済学)/ 博士(経営学)専攻名博士後期課程日本アジア文化専攻経済経営専攻取得可能学位平成28年5月1日現在 (  )内は女子で内数●在学生数●留学生数155名(57名)96名(68名)男子50%女子50%●在学生男女比平成28年5月1日現在教育学研究科 本研究科は、人間・社会・自然に関する広い視野を保ち、学校教育に関わる理論的かつ実践的な研究と教育を行うことにより、豊かな専門技能を備えた人材を育成することを目的としています。また、現職教員が現職の身分のまま在籍し高度な研究力と実践力を培う機会を提供することが特徴です。教育学研究科の博士課程は、連合大学院「東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科」です。これは東京学芸大学・埼玉大学・千葉大学・横浜国立大学の教育学部及び教育学研究科修士課程を母体として構成され、大学における教員養成の充実と学校教育の発展を目指して設置された博士課程のみの独立大学院です。2016年より、教職大学院(専門職学位課程)が開設しました。この課程は、新しい学校づくりを担う新人教員とその中核となる現職教員の養成を基本とし、研究者教員と実務家教員の共同による「理論と実践の融合型カリキュラム」を通して、学校が直面する諸課題の構造的・総合的な理解に立って幅広く指導性を発揮できる教員を養成することを目指しています。平成28年5月1日現在 (  )内は女子で内数●在学生数●留学生数135名(59名)連合大学院「東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科」教職大学院9名( 9名)男子53%女子47%●在学生男女比平成28年5月1日現在博士課程教育構造論、教育方法論、発達支援、言語文化系教育、社会系教育自然系教育、芸術系教育、健康・スポーツ系教育、生活・技術系教育専攻名学校教育学専攻コース名博士(教育学)取得可能学位専門職学位課程教育実践力高度化コース発達臨床支援高度化コース専攻名教職実践専攻コース名教職修士(専門職)取得可能学位SAITAMA UNIVERSITY GUIDE 2018 │ 32

元のページ  ../index.html#33

このブックを見る