平成30年度 滋賀大学大学院 経済学研究科の案内
15/22

教育理念 等経済学部は,教育理念として「国際的な視野を持ち,環境に配慮しつつ地域社会にも貢献できる,個性ある専門職業人の養成(グローバル・スペシャリストの養成)」を掲げ,その資質として3つの識『意識,知識,見識』(問題意識,専門知識,規範意識)を養うことと,それを基礎にした問題探求能力を育成することをモットーにしています。この理念を博士後期課程に具体化し,経済経営リスク専攻は,「経済」,「企業経営」,「金融」,「情報」,「公共部門」等,個別化された枠にとらわれず,リスクに精通し,リスクを適切に管理し,リスクをふまえて新たな事業を創出できるグローバル・スペシャリストとしてのリスク・リサーチャーの養成を目的とします。専攻分野にかかわらず既に修士課程を修了し,経済活動に伴うリスク(金融リスク,経済リスク,経営リスク)に関心をもち,大学院においてリスクに関する研究を行うことにより最先端の知識とリスク研究能力を修得し,修了後は,新しい事業を創造することができるリスク・リサーチャーとして,指導的役割を果たすことを希望する学生を求めています。具体的には,銀行や証券会社の財務担当者・国際金融担当者・ALM(Asset Liability Management)担当者,企業におけるリスク管理部門や新規事業部門の従事者・経験者,自治体における財政・企画政策部門の従事者・経験者,リスクや起業関連の資格をもち事業を営んでいる人(証券アナリスト,経営コンサルタント,弁護士,司法書士,公認会計士,税理士等),経済開発リスクに取り組む留学生などが対象となります。大学院経済学研究科博士後期課程には経済経営リスク専攻がおかれています。下記に示すいずれかの条件を満たした者に博士(経済学あるいは経営学)の学位を授与します。1.経済学及び経営学におけるリスクに関する最先端の知識と研究能力を修得していること。2.新しく事業を創造することができるリスク分析能力とリスク管理能力を有していること。3.派遣元企業や地方公共団体等で,リスク管理,企業創造,地域創造に関わって,指導的役割を果たす能力を有していること。4.留学生においては帰国後,経済開発,地域開発,金融政策に携わる政治家・公務員あるいはベンチャー企業家や経営コンサルタント等として活躍する能力を有していること。大学院経済学研究科博士後期課程では,ディプロマ・ポリシーに基づき,リスク・リサーチャーを養成するためのカリキュラムを提供しています。具体的には,「経済」,「企業経営」,「金融」,「情報」,「公共部門」等,個別化された枠にとらわれず,リスクに精通し,リスクを適切に管理し,リスクをふまえて新たな事業を創出できるようになるために,次の3点にもとづいてカリキュラムを編成しています。第1に,本専攻では,経済活動に伴って生じるリスクのうち,金融リスク,経済リスク,経営リスクに研究領域を設定し,その研究教育組織は,「リスク基礎」,「リスク管理」,「リスクと創造」の3教育研究分野から構成されます。第2に,授業科目の編成と履修方法は,リスクの基礎研究から専門研究に至る知見を体系的に修得できるよう工夫しています。第3に,院生の研究指導拠点として「特別演習」,「フィールドワーク」,「プロジェクト研究」を設定し,学位論文準備から論文完成にいたる全過程における複数教員指導体制を実現し,学位論文の完成を目指します。アドミッション・ポリシーディプロマ・ポリシーカリキュラム・ポリシー

元のページ  ../index.html#15

このブックを見る