平成30年度 滋賀大学大学院 経済学研究科の案内
4/22

概要課程と学位 本研究科は,大正11年(1922年)に創立された彦根高等商業学校を前身とする滋賀大学経済学部を母体として誕生しました。昭和30年(1955年)にまず「経済学専攻科(経理経営専攻)」を設置,その基礎上に昭和48年(1973年)「経済学専攻」及び「経営学専攻」の2専攻を持つ滋賀大学大学院経済学研究科(修士課程)として発足しています。その後,平成13年(2001年)グローバル・ファイナンス専攻を加えました。また,平成15年(2003年)には国立の社会科学系大学院で「リスク」を研究対象とした唯一の大学院として博士後期課程「経済経営リスク専攻」を設置しました。こうして本研究科は現在,3つの専攻を持つ博士前期課程及び上記のようにユニークな博士後期課程から構成されています。 平成14年(2002年)には経営学専攻に日本最大のシンクタンクである株式会社野村総合研究所との連携大学院を設置し,産学交流体制を整備しました。また,平成17年(2005年)にはプロフェッショナル・コースとリサーチ・コースという2大コース制度を導入し,高度専門職業人養成のいっそうの充実を図りました。95年の伝統を基盤としつつ,そこに安住することなく,常に社会のニーズに合った大学院を目指しています。経済学専攻【修士(経済学)】経営学専攻【修士(経営学)】グローバル・ファイナンス専攻【修士(ファイナンス)】経済経営リスク専攻【博士(経済学あるいは経営学)】

元のページ  ../index.html#4

このブックを見る