東北大学 工学部 電気情報物理工学科
11/44

電気工学コース通信工学コース電子工学コース応用物理学コース情報工学コースバイオ・医工学コース充実した教育研究環境旧帝国大学である東北大学は、現在でも電気・情報・物理工学の分野で世界有数の研究拠点であり、多くの国家研究プロジェクトにおいても重要な研究拠点として位置づけられています。これらを受けて電気・情報・物理工学分野の学部教育を担う本学科は、「各分野の国内第一人者が集まった教授陣」「最先端・最新鋭の研究施設・設備」「充実した研究費」など充実した教育研究環境を擁しています。電気情報物理工学科では1学年あたり約240名の学生に対して、教員※1も約240名、選べる研究室※2は約90。1研究室あたりの配属学生数は1学年平均3名と少数です。学生一人一人をしっかりと見守りつつ将来に向けて多様な選択肢を提供します。最先端の研究に触れる中で多様な進路を選択可能電気情報物理工学科では、学問の専門性を深めるために6つのコースが用意されています。ただし、これらのコースに分かれるのは、2年生の前期終了時です。大学受験時にコースの中身がよくわからないままコースを選ぶのではなく、1年半かけてハードからソフトまで幅広く学び専門性の基礎を作るとともに最先端の研究に触れる中で、自分に合った多様な進路を選択することができます。多様性の中で研究を通じて実践的な人材を育成東北大学の理念は、「研究第一」「門戸開放」「実学尊重」。「研究第一」主義とは学生の教育を軽視するということではなく、学生自らが優れた研究活動を行うことが教育面でも大きな効果をもたらし、学生を成長させる、という考えです。日本全国、さらには世界の様々な国から集まった多様な個性を持つ仲間が相互に刺激し合い、国内第一人者が集まった教授陣の指導の下で学生も世界最先端の研究に取り組むことにより、実践力のある人材に育ちます。POINT4POINT5POINT66つのアピールポイント※1 教授、准教授、講師、助教 等の合計。 ※2 本学科では多くの場合、教授1名と准教授1名と助教が1つの研究室として指導を行っています。11Department of Electrical, Information and Physics Engineering | 電気情報物理工学科

元のページ  ../index.html#11

このブックを見る