東北大学 工学部 電気情報物理工学科
34/44

人間と対話できるコンピュータを目指してディープラーニングを活用した古文書画像の解析を目指して人と人、人と機械のコミュニケーションの未来を目指すヒューマンインターフェース、コンピュータネットワークからワイヤレス通信システム設計に至る情報通信技術の基礎を学ぶとともに、ヒューマンコミュニケーションの未来に向かって挑戦します。こでも超高速で通信できる新しいワイヤレス技術や、次世代通信用の光ファイバなどの研究をしています。また、人と人との通信だけでなく、ロボットなど機械との通信に必要となる音声認識・音声合成・画像認識、コンピュータネットワークを活用する並列・分散処理技術の高度化に取り組んでいます。 これからの通信システムはどうあるべきか、どのような機能を持つべきか、それらを考え、ヒューマンコミュニケーションの未来を実現していくために学びを深めていきます。ヒューマンインターフェース [伊藤(彰)・能勢] 研究室情報通信情報通信山中 麻衣 さん工学部電気情報物理工学科情報工学コース4年北海道函館中部高等学校卒業菅原 千里 さん大学院工学研究科 通信工学専攻博士課程(前期)1年岩手県立盛岡第三高等学校卒業画像情報通信工学 [大町・菅谷] 研究室 私たち人間は、言葉を用いてコミュニケーションをとっています。音声は、特別な道具を用意したり、特別な訓練をしたりすることなく使えます。また、情報を伝える速度も速いうえに、手足や目などを他の作業に使いながら、あるいは動き回りながらでも使えるため、情報伝達の手段としてはとても有効です。 しかし、人間と機械がコミュニケーションするためには克服しなければならない問題がたくさんあります。機械は、人間のようには音声を理解できませんし、人間のように表現豊かに話すことも容易ではありません。私たちは、これらの問題を解決し、音声認識や音声合成を活かしたシステムの開発などを行っています。例えば、視覚情報などを加えた音声対話システムや、雑音に頑健な音声認識システムの設計、感情豊かな音声合成、カラオケでの熱唱度評価など、音全般に関する研究を行っています。 古文書には過去の文化や歴史・災害の記録等の有益な情報が残されており、近年それらの情報を研究やシミュレーションに活用する動きが高まっています。しかし古文書は現在とは異なる形状の文字で記述されている場合があるため従来の文字認識手法を適用できず、自動解析が困難であるといわれています。そこで本研究室ではこの問題に対し、最新のディープラーニング技術を活用することで文書解析のための高精度な古文書キーワード検索の実現を目指しています。 他にもニューラルネットワークを用いた情景中の文字列検出や、画質を保ちつつ情報量を削減するための画像符号化、地図を用いた屋内ナビゲーションシステムの研究等、最先端のテーマに幅広く取り組んでいます。常に新しいことを学ぶことができる整った環境の中で日々充実した研究生活を送っています。 私たちの社会は、音声、文字や画像など多様な情報をいつでもどこでも瞬く間にやり取りできるユビキタス社会に変貌しようとしています。このような社会を支え、さらに発展させていくのは情報通信技術の高度化です。 通信工学コースでは、ヒューマンインターフェース、コンピュータネットワークからワイヤレス通信システム設計に至る情報通信技術の基礎を学ぶとともに、ヒューマンコミュニケーションの未来に向かって挑戦します。通信工学コースの研究室では、いつでもどCommunications Engineering Course通信工学コース34電気情報物理工学科 | Department of Electrical, Information and Physics Engineering

元のページ  ../index.html#34

このブックを見る