東北大学 工学部 電気情報物理工学科
37/44

薄くて軽く、曲げられるフレキシブルディスプレイの実現に向けて光と量子力学の原理を用いた次世代情報通信研究室一覧プラズマ理工学研究室 / 固体電子工学研究室 / 電子物理工学研究室極限知能デバイス工学研究室 / ナノフォトエレクトロニクス研究室量子光情報工学研究室 / 物性機能設計研究室 / 誘電ナノデバイス研究室ナノ集積デバイス・プロセス研究室 / ナノ知能システム研究室画像電子工学研究室 / 知的電子回路工学研究室 / 電子制御工学研究室スピントロニクス研究室 / ナノ・バイオ融合分子デバイス研究室応用量子光学研究室 / ナノスピンメモリ研究室スピントロニクス材料研究室 / 生体電子工学研究室神経電子医工学研究室 / 病態ナノシステム医工学研究室医用材料創製工学研究室 / 腫瘍医工学研究室 / 医用イメージング研究室 コンピュータの半導体や画像イメージセンサ、液晶画面といった電子部品・電子デバイス及びそれらを形作る電子材料は、電子機器・情報機器に囲まれた現代の私たちの暮らしの心臓部を担っている技術です。日本の産業界が強みとしてきた分野であり、日本の産業界にとってこれらの技術の重要性、及びこれらの開発を担う研究者・技術者の重要性はこれからも代わることはありません。 東北大学で行われている電子工学の研究の中心は、電子回路のつなぎ方を改良するというような工業技術的なものではなく、物理学の最新の知見を基盤に革新的な新デバイス・新材料を創製することです。これを可能にするためには、クリーンルームを始めとして世界最先端・最高水準の教育研究施設・設備が必要となりますが、東北大学は国内の他大学を圧倒する電子工学分野の教育研究施設・設備を有しており、学生は日々それらの施設・設備を使いながら研究を行うことができます。世界の最先端・最高水準の景色を見たことがある経験は、社会に出て様々な分野に新たに漕ぎ出す際に必ずやあなたの糧になるはずです。研究キーワード(例)● 電子工学  ● 半導体デバイス  ● 薄膜磁気記録媒体 ● スピントロニクス   ● ナノカーボンデバイス ● 光エレクトロニクス ● 液晶  ● 量子情報通信 ● プラズマエレクトロニクス  ● フレキシブルディスプレイ修了者の将来の仕事のイメージ(例)● 情報端末を構成するデバイスの開発● 新しい素材や材料の研究開発● 省エネルギーで高機能な素子の研究開発● 次世代のイメージセンサの研究開発電子電子武田 理紗 さん大学院工学研究科 電子工学専攻博士課程(前期)2年山形県立山形東高等学校卒業菅原 大和 さん大学院工学研究科 電子工学専攻博士課程(前期)2年宮城県佐沼高等学校卒業画像電子工学 [藤掛・石鍋] 研究室量子光情報工学 [枝松・三森・Sadgrove] 研究室 本研究室では、自由に曲げられるフレキシブルディスプレイを実現するため、基礎研究を行っています。フレキシブル液晶ディスプレイは、これまでにディスプレイの基板として用いられていたガラスを、薄くて柔軟なプラスチックフィルムに置き換えたものです。身に着けて用いるウェアラブルデバイスや車載用の湾曲ディスプレイなど様々な応用ができるため、次世代表示デバイスとして期待されています。その他、周囲の光を利用することにより超低消費電力で、かつ屋外で鮮明な表示を可能とする反射型ディスプレイや、専用のメガネを用いず自然な立体表示が行える電子ホログラフィに関する研究にも取り組んでいます。 これらの革新的なディスプレイを実現するためには、克服しなくてはならない多くの課題があります。次世代表示技術の創出を目指して1人ひとりが研究に取り組み、充実した毎日を送っています。ここに注目!!(電気通信研究所) 原子や電子などのミクロの世界は、量子力学という物理の原理に従っています。私たちの研究室では、光の量子力学的な性質を利用した新しい情報通信技術を創造するための研究を行っています。私は、現在の光通信で使われている光ファイバーの一部を100nm(1万分の1mm)程度にまで細くした「ナノ光ファイバー」を作製・利用する研究を行っています。このナノ光ファイバーの面白いところは、ファイバーの細くなった部分に光の粒子(光子)を放出する分子やナノ粒子(量子ドット)を置くと、放出された光子がファイバーの中に吸い込まれ、ファイバーを通じて光子を取り出したり、他のデバイスに送り届けたりすることができるようになることです。この性質を用いると、量子力学の原理を用いた新たな情報通信の構築に役立つと期待されています。 光は私たちにとって身近なものですが、物理的にはまだまだ分かっていないことも多く、この光の謎に国際色豊かな研究室のメンバーと議論を重ね、最先端の実験で立ち向かっていく日々はとても刺激的で、驚きの連続です。太字の研究室の研究内容は下欄を、その他は本学科のホームページをご覧ください。37Department of Electrical, Information and Physics Engineering | 電気情報物理工学科

元のページ  ../index.html#37

このブックを見る