東北大学 工学部 電気情報物理工学科
40/44

カスタムスーパーコンピューティングが拓くビッグデータ応用言葉がわかるコンピュータ̶自然言語処理が切り拓く未来高い信頼性と性能を持つコンピュータシステムの実現を目指すコンピュータシステムを構成する基礎技術を体系的に学び、知能ロボット、ビッグデータ科学、耐災害情報通信技術、医療情報処理など最先端システムの構築に挑戦します。 情報工学コースでは、ハードウェア、ソフトウェアなど、コンピュータシステムを構築する基礎技術を体系的に学びます。さらに、習得した技術を活用し、知能ロボット、ビッグデータ科学、情報通信技術、医療情報処理、画像・音・言語メディア情報処理など、高い信頼性と性能が求められる最先端システムの構築に挑戦します。知能集積システム学 [張山] 研究室情報情報小野 泰輔 さん大学院情報科学研究科 情報基礎科学専攻博士課程(前期)1年愛媛県立松山東高等学校卒業渡邉 研斗 さん大学院情報科学研究科 システム情報科学専攻博士課程(後期)3年山梨県立吉田高等学校卒業情報伝達学 [乾・岡崎] 研究室 近年、私たちの生活を豊かにするために、ウェブサイトデータ、IoTセンサーデータ、医療データなどのビッグデータの活用がさまざまな分野で望まれています。私たちの研究室ではビッグデータ分析や大規模計算をより高速に、より効率よく行う知的コンピューティングシステムの研究・開発に取り組んでいます。  私は特にFPGAという新しいタイプの集積回路を用いたシステムの研究を行っています。FPGAは回路を自由に再構成できるため、低消費電力かつコンパクトなカスタムスーパーコンピュータを実現できる可能性を秘めています。研究にはハードウェアから応用アルゴリズムまで幅広い知識を学ぶ必要があり、大変なこともありますが、熱心に指導してくださる先生方や気軽に意見交換ができるメンバー、そして最新の開発環境のもと、充実した研究生活を送っています。 皆さんはスマートフォンの対話エージェントや、Web検索、外国語翻訳など、言語を扱うシステムを普段から使っていると思います。しかし、これらのシステムは本当に言葉の意味を理解している訳ではありません。もしこれが実現できたならば、SFのように知能を持ったコンピュータとのコミュニケーションが可能になり、様々な場面で活用されるでしょう。私達はそんな未来を描きながら「言葉を理解するコンピュータ」を実現する研究に取り組んでいます。 私はこの中でも歌詞の意味を解析する研究に取り組んでいます。コンピュータが歌詞の内容を理解することで、ヒット曲の傾向分析や、作詞の支援、歌詞の自動創作など、音楽を取り巻く環境を大きく変えることができるかもしれません。解決すべき問題や学ぶべき専門知識はたくさんありますが、未来に可能性がある研究に取り組むのは本当に楽しく、日々充実した研究生活を送っています。 自動車や飛行機のエンジン制御、家電製品、携帯電話からインターネット上での電子商取引にいたるまで、コンピュータは今や世の中のあらゆるシステムに組み込まれています。そのような社会基盤の中枢を担うコンピュータシステムは、高セキュリティでありながら、常に正しく高速に動作することが求められます。例えば、IC カードを使えば、1秒にも満たないタッチで、安全に買い物を行うことができます。そのような少し前には「夢」だった技術が続々と実現されています。Computer Science Course情報工学コース40電気情報物理工学科 | Department of Electrical, Information and Physics Engineering

元のページ  ../index.html#40

このブックを見る