東北大学 工学部 電気情報物理工学科
43/44

「骨疾患やがんの治療に貢献する医用材料の創製」を目指して!半導体と生体素子の融合 新たなバイオデバイスの開発を目指して がん細胞近くの血管に、数十ミクロンの放射性または磁性微小球を送り込むことによって、がん細胞に放射線や熱を照射し、局所的ながん治療を行うことができるとされています。これらの治療効果をより高めるために、微小球の構造や組成の最適化を目指しています。 また、チタン金属を人工骨として応用するためには、チタン金属に高い骨結合能力や抗菌性を付与することが必要とされています。そのような条件を満たすために、様々な処理方法の検討を行っています。 当研究室は、総勢10人以下と小規模ではありますが、少人数ならではの落ち着いた雰囲気、さらに先輩、後輩、先生間の距離がより近いことで、研究に関して気軽に相談できる環境が魅力です。また、バイオ・医工学コースの中でも材料の創製を研究テーマとした珍しい研究室でもあり、そこも魅力の1つだと思います。 半導体というと、電化製品の中にあるものと思う方も多いと思いますが、最近はこれまでにない新しい用途に半導体チップを使おうという動きが盛んです。私の研究室では薬の副作用を測るための半導体チップの研究を行っています。このチップが実用化されれば、より低コストで効率的な新薬の開発に役立つと考えています。また、半導体デバイスの技術を応用すると、脳の神経細胞のネットワーク構造を制御することができます。この技術を用いて、生きた神経細胞を用いた脳のモデルを作る研究も行っています。細胞を培養したりと、本学科の中でもバイオ寄りな研究ができる事が大きな特徴です。 研究室の人数は多くありませんが、その分先生方との距離が近く、すぐにアドバイスをいただける環境はとても魅力的です。また、全員の誕生日をお祝いしたり、合宿を行ったりと、仲良く充実した研究生活を送っています。研究室一覧マイクロ磁気デバイス医工学研究室 / 生物規範ロボティクス研究室腫瘍医工学研究室 / 医用光工学研究室 / 超音波ナノ医工学研究室生体システム制御医工学研究室 / プラズマ理工学研究室バイオセンシング医工学研究室 / 生体超音波医工学研究室医用材料創製工学研究室 / 病態ナノシステム医工学研究室医用イメージング研究室 / ナノバイオ医工学研究室神経電子医工学研究室 / 情報生物学研究室 生命情報システム科学研究室 / バイオモデリング論研究室 「将来は人の命にかかわる仕事につきたい」と考えている方も多いと思います。医学・医療に貢献する方法として最もイメージしやすいのは医師などの医療従事者になる道ですが、医学・医療に貢献する方法はそれだけではありません。工学の分野から医学・医療に貢献する、それも医学・医療を進歩発展させることに貢献することを研究する分野、それが“ 医工学”です。あなたが開発した医療機器によってこれまで救えなかった数万人、数十万人の世界の人の命が救えるようになるかもしれない、そういった可能性を持つのが医工学です。 東北大学には、大正14年の電気聴診器の開発に始まり現在にいたるまで日本における医工学研究を先導してきた伝統があり、2008年には日本で最初の大学院医工学研究科が東北大学に誕生しました。本コースの多くの方は、医工学研究科に進学します。 これからの高齢社会において医療・福祉システムの開発はますます重要性が増しており、その開発を担う研究者・技術者の必要性も高まっています。本コース修了者は、その中核となって社会で活躍することが望まれています。研究キーワード(例)● 医工学 ● がん治療 ● 生体診断 ● 医用超音波 ● 医用レーザ● プラズマ治療 ● 健康診断チップ ● 人工心臓 ● 人工細胞膜● バーチャルリアリティ ● リハビリテーション ● 医用生体材料● ゲノム解析修了者の将来の仕事のイメージ(例)● 人工心臓など高度・先進医療機器の開発● 医療用ロボットの研究開発● がんの早期診断・治療機器の開発● 生体情報に基づく自動車・家電・通信機器の開発電子医工岩渕 雄太 さん大学院工学研究科 電子工学専攻博士課程(前期)2年宮城県泉高等学校卒業加藤 美生 さん大学院医工学研究科医工学専攻博士課程(前期)1年宮城県仙台第三高等学校卒業医用材料創製工学 [(金井)・川下] 研究室ここに注目!!ナノ・バイオ融合分子デバイス [平野] 研究室電子ナノバイオ医工学 [平野] 研究室材料科学高等研究所電気通信研究所医工材料科学高等研究所電気通信研究所太字の研究室の研究内容は下欄を、その他は本学科のホームページをご覧ください。43Department of Electrical, Information and Physics Engineering | 電気情報物理工学科

元のページ  ../index.html#43

このブックを見る