鳥取大学 大学案内2017
24/96

23242017 TOTTORI UNIVERSITY時7学びの環境図書館が23時まで開館するなど学びの環境が充実学生の声に応じて、学びの環境を整備しています。通学20分圏内の学生が多く「夜まで大学で勉学に励みたい」という学生のニーズに応え、授業期の平日において附属図書館は23時まで開館しています。夜遅くまで、文献調べや自学自習、読書等で利用している学生が普段から多くいます。その他にも、学生の声に応えた学内施設・設備を整えています。 附属図書館は、授業期の平日は8時40分~23時(休業期は8時40分~17時)、土・日・祝日は9時~17時(試験期は9時~23時)まで開館しています。館内は、閲覧スペース、無線LAN、情報コンセントが設置され、ノートパソコン等でインターネットが利用できる環境となっています。また、グループ学習室やラーニングコモンズなど、話し合いながら学習できるスペースも設置しています。 約68.3万冊の図書館資料のほか、電子ジャーナル、学術文献データベースなど、インターネットによるアクセス利用も充実。また、本学の教育グランドデザインである「人間力」に関する図書コーナー(約1,200冊)、文庫本や新書本(約9,100冊)、闘病記文庫(約260冊)等、多岐にわたる図書で教養を高めることができます。また、本学の前身である旧鳥取県師範学校から引き継いだ郷土資料、約1,200点を所蔵しています。このなかには第10代鳥取藩主池田慶行公直筆の絵画をはじめとする鳥取県にゆかりのある品が含まれています。貴重資料として、旧高等農業学校時代から受け継いだ学制頒布50周年記念図書の一部や卒業生から寄贈されたキュリー夫人の書簡など、価値のある刊本・写本を所蔵しています。 さらには、鳥取県立図書館等との相互協力協定により、鳥取県内公共図書館の蔵書(約320万冊)を利用することも可能です。 図書館資料の所在、文献の探し方などのレファレンス・サービスは随時行っていますので、気軽にカウンターを訪れてください。1:ラーニングコモンズ  (中央図書館内)2:第1閲覧室(中央図書館内)3:医学図書館2013年4月にリニューアルオープンしました。情報メディアコーナーとリフレッシュコーナーからなる新しい学びの場。紙の資料と電子資料の双方を使いながら、学生同士が互いのコミュニケーションを取り合い、共に考え、ディスカッションできます。3中央図書館(鳥取キャンパス)・医学図書館(米子キャンパス)21

元のページ  ../index.html#24

このブックを見る