鳥取大学 大学案内2017
36/96

36地域政策学科Regional Policyhttp://www.rs.tottori-u.ac.jp/public_RP/ 私が鳥取大学を進学先として選んだ理由は主に二つありました。一つは、地域や人に直接働きかける、交流を持つことができる「実学」を学びたいということでした。法学部や経済学部というネームだとしっくりくることはなく、地域学という名前に引かれたのが理由です。もう一つは、自分のやりたいことを見つけられる可能性を感じたからです。地域学部地域政策学科という名前から具体的に何を学ぶのか想像がつきにくいと思います。しかし、その具体的に何をやるのかわからないという点が逆に様々なことを体験することができるのではないか、という思いがありました。そして現在までこの学科で過ごし、以上のことは十分に満たされていると実感しています。 現在、地方は様々な問題を内包しており、それに対してさまざまな取り組みがなされています。おのずとそれを取り扱う地域学もさまざまな分野に対応しています。特に、実践的な授業である「地域調査実習」は分野ごとのグループに分かれて活動し実際の地域の状況を全身で体感し、地域から学ぶことが文字通り可能です。 学科内の学びだけではなく外にも目を向けてみてください。幸い本学科は他学部よりは自由な時間が多いです。学内のサークルで新たなつながりを見つけることもできます。また、本学科で学んでいると地域のイベントや取り組みなどの話題をいやというほど目にすることが多いです。自分のアンテナを張り、恐れずに地域に飛び込んでいく、そうして学べることも大学での学びに引けをとらないくらい多いと思います。 国際化、情報化が進展する中、地域を取り巻く環境は大きく変化しつつあります。例えば、膨大な債務処理を抱える地方財政、中心市街地活性化、平成の市町村大合併後の自治体経営、地域コミュニティ再構築、少子高齢化等です。その中で、地域が自らの資源と能力を生かして地域を築き上げていくことが求められ、実行されつつあります。そして、行政、住民、企業などの新たな関係の構築と、地域づくりのための様々な分野からの理論形成と実践が求められています。地域政策学科は、これら知と実践の融合を求めてトータルな視点を持った地域政策のキーパーソンの養成を目指します。■学科の目的 低年次では広い視野に立って地域に存在する諸問題を発見する能力の育成に主眼をおき、これら地域の諸問題を解決するための政策能力の育成へと進みます。地域政策学科では早い段階から少人数教育を重視し、1年次で基礎ゼミとしての「総合演習」を、2年次で「地域政策学ゼミ」を、3年次では「地域政策学専門ゼミ」を行い、4年次では「卒業研究」へと、学生がそれぞれの関心にあった演習テーマを選択でき個人指導が受けられるように配慮しています。また、大学の外に出て実践的に地域で学ぶ「地域調査実習」のほか、自治体と企業両方をカバーする「インターンシップ」等を通じて現実の行政や社会に早くから触れて問題解決能力を養成します。■学科の特徴●中学校教諭1種(社会)●高等学校教諭1種(地理歴史、公民)●学芸員など[取得免許状・資格(受験資格含む)]井上 翔太地域政策学科4年2013年度入学[長崎県立長崎北高等学校卒]2017 TOTTORI UNIVERSITY在学生からのメッセージ地域学という名前に引かれて。■私の週間割(2年次前期)MONTUEWEDTHUFRISAT1時限2時限3時限4時限5時限放課後総合英語Ⅰ中国語応用Ⅰ教養科目選挙学サークル地域組織論地域福祉論アルバイト産業立地論金融財政政策論教養科目地域調査実習企業と地域教養科目地域政策学ゼミⅠサークルレポートなど定員 49名■農業の6次産業化の展望 ~鳥取県日南町の取り組みを例に~■空き家活用における「シェアハウス」の動向と考察■農山村におけるコミュニティビジネスの実態と展開の課題―京都府京丹後市大宮町つねよし百貨店を事例にして―■都市から農産漁村への移住促進に関する研究―マーケティングの視点を用いて―■世界遺産の町 島根県大田市大森町のまちづくり■岡山県真庭市蒜山スコラ・フクロウの小路というあそびの場 ―あそべないわたしからの解放を目指して―■高知市における買い物支援策の現状と課題―「移動スーパーとくし丸」の取り組みに焦点を当てて―■鳥取市庁舎整備に関する住民投票の問題点について■豊岡市の人口問題と産業構造●こんな卒業論文のテーマがあります(2015年度)地方公務員(岡山県、広島県、兵庫県、松江市、南あわじ市)、島根県警察、京都府警察、山陰合同銀行、鳥取銀行、北陸労働金庫、ゆうちょ銀行、全国共済農業協同組合連合会・岡山医療生活協同組合、JR西日本フードサービスネット、東急住宅リース、マツモトキヨシ中四国、富山市医師会●主な就職先・進学先(2015年度)個性豊かな、ゆとりある地域をつくる個性豊かな、ゆとりある地域をつくる個性豊かな、ゆとりある地域をつくる

元のページ  ../index.html#36

このブックを見る