鳥取大学 大学案内2017
64/96

64電気情報系学科Electrical Engineering and Computer Sciencehttp://eecs.tottori-u.ac.jp 電力・家電・情報通信や光エレクトロニクス、情報処理の技術に関わる電気情報系分野は、暮らしを支える重要な分野です。高度情報社会を支えるハードウェアとソフトウェア技術の双方について幅広い知識と技術を教育研究し、これらを応用し多様化する情報社会の発展に寄与できる能力を育みます。■学科の目的 電気情報系の広範な学問領域の基礎から応用までを網羅したカリキュラムを設け、電気電子回路、電子デバイス、コンピュータ、知識処理、情報通信、システム制御等の設計原理や方法論などを修得できます。電気電子回路から電子デバイス・電力に至る分野をカバーする電気電子工学プログラム、コンピュータと情報ネットワークを主とするコンピュータサイエンスプログラム、情報通信・システム制御技術を主とする電子情報制御システムプログラムの3教育プログラムを設けています。■学科の特徴角谷 翔太知能情報工学科3年2014年度入学[奈良県立畝傍高等学校卒]2017 TOTTORI UNIVERSITY在学生からのメッセージ今まで生きてきた中で一番充実している鳥大での生活。[取得免許状・資格(受験資格含む)]●高等学校教諭1種(情報・工業)●電気主任技術者*●第2種電気工事士(筆記試験免除)●主な就職先・進学先(2014年度・2015年度)スズキ、セイコーエプソン、ダイキン工業、日立金属、三井造船、きんでん、中国電力、中電工、富士通テン、日亜化学工業、アイシン・エイ・ダブリュ、三菱自動車工業、三菱自動車エンジニアリング、三菱コントロールソフトウェア、明電舎、ソニーセミコンダクタ、野里電気工業、三菱電機エンジニアリング、JFEスチール、テラル、福伸電機、日本電技、西菱エンジニアリング、エヌ・ティ・ティ・システム開発、両備システム、オムロンソフト、栗原工業、ニチコン、野里電気工業、日本セラミック、ツバキE&M、日邦産業、日本電産マシナリー、日本テクシード、ユー・エス・イー、鳥取ガス、国家公務員、地方公務員学部卒業生就職先学部卒業生進学先鳥取大学大学院、静岡大学大学院、奈良先端科学技術大学院大学大学院修了生就職先関西電力、中国電力、三菱電機、東芝、パナソニック、シャープ、京セラ、富士通、キヤノン、日立金属、川崎重工業、日立造船、三井造船、神戸製鋼所、IHI、凸版印刷、ノーリツ、日本無線、アズビル、スズキ、マツダ、三菱自動車工業、アイシン・エイ・ダブリュ、大日本スクリーン製造、三菱電機エンジニアリング、三菱電機インフォメーションネットワーク、太陽誘電モバイルテクノロジー、ニチコン、大同特殊鋼、矢崎総業、宇部興産機械、神栄、日鉄住金テックスエンジ、キヤノンマシナリー、セイコーNPC、きんでん、大気社、ファナック、日立ソリューションズ、OKIソフトウェア、ケイズ、メイテック、ヤマザキマザック、経営情報センター、日本海テレビジョン、地方公務員定員 125名高度情報社会を支える幅広い知識を持ったエキスパートに高度情報社会を支える幅広い知識を持ったエキスパートに高度情報社会を支える幅広い知識を持ったエキスパートに■私の週間割(1年次前期)MONTUEWEDTHUFRISAT1時限2時限3時限4時限5時限放課後教養科目キャリア入門ドイツ語基礎Ⅰ情報科学概論プログラミングⅠコミュニケーション英語A教養科目線形代数学情報リテラシー微分積分学Ⅰ及び演習離散数学情報工学演習Ⅰ健康スポーツ科学実技コミュニケーション英語B大学入門ゼミレポート趣味趣味・自習・演習・レポート 様々な電化製品を使っていて、どのような仕組み・原理で動いているのだろうと一度は考えたことがありませんか。またゲーム好きな方なら、「プログラミング」という言葉を一度は耳にしているのではないでしょうか。 電気情報系学科は、まさに「電気」と「情報」を学びます。1年次で基礎的な数学・物理を学び、実際にプログラミングを学びます。2年次になるとコンピュータの仕組みや電気回路について、専門的な講義がはじまり、3年次には年間を通して実験があり、実際に自分の手で触れてみることで、より深い部分まで学ぶことができます。 講義が進むにつれ、今までに学んだことを前提に授業が進むので、毎日の予習・復習は欠かせません。授業で分からないことがあれば、どんどん先生方に質問しましょう。「その時に聞くのはその時の恥、分からないままでいるのは一生の恥」です。 今まで生きてきた中で一番充実しているのが、この鳥取大学での生活だと確信をもって言えます。大学でいろんな人や機会に接してみてください。たとえ困難にぶつかっても、新しい仲間とともに対応する、そんな「充実感」を得られる場だと私は思っています。 Diculty so, it challenges. (John F. Kennedy) 素敵な大学生活を願って…*要実務経験

元のページ  ../index.html#64

このブックを見る