鳥取大学 大学案内2017
73/96

工学部大学院/先端融合研究センターものづくり教育実践センター/電子ディスプレイ研究センター/地域安全工学センター/グリーン・サスティナブル・ケミストリー研究センター732017 TOTTORI UNIVERSITY実際の「ものづくり現場」から学ぶ、実践教育の拠点。 「ものづくり教育実践センター」は、実践的なものづくり教育を行っている工学部附属の教育施設です。当センターでは、機械工作の実習や実験装置の作製を行うほか、「ものづくり」を題材にした実践的な授業を開講しています。この授業では、地元企業と連携し製品の企画・立案から、試作・成果発表まで、ものづくりの一連のプロセスを学びます。新しいコンセプトのデバイスを考え、教育用遊具の開発や医療用機器の改良を行うなど様々なテーマに取り組む中で、学生同士で出し合ったアイデアを形(製品)にしていく楽しさを実感し、企業の方と関わる中で、社会人となるために必要な能力を養うことができます。 また、学生が自由にものづくりを楽しめる「学生自主ものづくり工房」も運営しています。ここでは学生フォーミュラ、烏大ロボットラボラトリー、室内飛行ロボットなどのものづくり系課外活動グループが活動しており、全国で行われる様々な大会に向けて頑張っています。ものづくり教育実践センターhttp://www.icee.tottori-u.ac.jp/地域社会に拓かれた“知と実践の融合”を目指して。 2008年4月に設置された「工学部附属電子ディスプレイセンター(TEDREC:Tottori University Electronic Display Research Center)」は、鳥取県と民間企業と大学の協定に基づき、企業の寄附によって運営される“寄付研究部門”です。本センターは、液晶等の基礎物性、発光デバイス、メモリー、医療電子情報等に関連する分野の研究を進めています。産業界で活躍する社会人を博士後期課程学生として迎え入れ、また県内企業の技術者向けへの講演会や装置利用のための講習会等を実施することにより、高度な技術者の育成も行っています。今後は、医学分野や農学分野などの研究機関と学域を超えた研究連携を深め、その技術を地域産業に還元することにより地域産業の創生・発展を目指します。電子ディスプレイ研究センターhttp://www.tedrec.eng.tottori-u.ac.jp/地域社会の安全・安心と持続的発展へ。 近年、激甚化・頻発化の傾向を示す自然災害に対する安全・安心の確保と少子高齢化が進む地域社会の持続的発展を目的として2012年4月に地域安全工学センターを設置しました。センターには、「安全防災部門」、「社会システム部門」および「情報部門」の3部門が設置され、地域社会の防災・減災システムの構築、地域が自立し持続的な社会を形成するための技術の確立および地域交通情報システムの整備などを目指します。具体的には、地震災害や洪水災害あるいは土砂災害、沿岸部における津波・高潮災害などに対する防災・減災と避難に関する研究、過疎社会における生活交通確保方策に関する研究、地方都市における公共交通利用促進のための情報提供や過疎地における環境施設経営方策の評価などを行います。さらに大学や企業での事業継続計画(BCP)の推進支援や防災士資格取得支援等を行います。防災やまちづくり等に関する地域課題をお抱えでしたら、どうぞご遠慮なくセンターへご相談ください。地域安全工学センターhttp://www.eng.tottori-u.ac.jp/anzen/ケミストリーパワーで持続成長可能な社会を実現!(5研究部門で推進) 化学の力で人類社会の持続的発展に寄与することを目的に、2012年10月にグリーン・サスティナブル・ケミストリー(GSC)研究センターを設置しました。このセンターは「グリーン反応媒体」、「グリーンエネルギー」、「グリーン触媒」、「バイオテクノロジー」、「環境評価」の5部門からなります。イオン液体など新しいグリーン反応媒体の研究、安全で大容量のシリコン電極リチウム電池などのグリーンエネルギー開発、高活性固体酸触媒などのグリーン触媒の創製、海洋性バイオ素材による機能材料の創製、バイオテクノロジーによる有用物質生産などのGSC研究を推進し、これらの研究を通して地域社会に産業を興すことをめざしています。GSCは国際的な潮流です。このため、国際的視野と課題解決力をもつGSC技術者、研究者育成のため、海外から著名GSC研究者を招聘し、講演、質疑応答を英語で行うGSCセミナーを年2回開催するなどのGSC啓発活動も行っています。グリーン・サスティナブル・ケミストリー研究センターhttp://www.chem.tottori-u.ac.jp/gsc/GSC-main.html自発光型LCD公開セミナーの様子透明フレキシブルRe-RAMセンターの仕組み中山間地域の様子東日本大震災調査アルゴンガス雰囲気下でのリチウム電池の作成GSCセミナーの様子(公用語は英語)イオン液体の精製電子回路の製作学生フォーミュラプロジェクト室内飛行ロボットコンテスト地域安全工学センターとっとり防災・危機管理研究会バスネットプロジェクト持続的過疎社会形成研究プロジェクト安全・防災部門社会システム部門情報システム部門国・市町村・企業 等協力協力協力

元のページ  ../index.html#73

このブックを見る