鳥取大学 大学案内2017
87/96

872017 TOTTORI UNIVERSITY農学部各学科・コースの専門科目一覧専任教員紹介・研究テーマ一覧専任教員紹介・研究テーマ一覧會見 忠則 教 授東  政明 教 授石原  亨 教 授一柳  剛 教 授猪迫 耕二 教 授緒方 英彦 教 授河野  強 教 授佐野 淳之 教 授田村 文男 教 授長澤 良太 教 授能美  誠 教 授日置 佳之 教 授古塚 秀夫 教 授松田 敏信 教 授安延 久美 教 授山本 定博 教 授渡辺 文雄 教 授明石 欣也 准教授有馬 二朗 准教授遠藤 常嘉 准教授岡 真理子 准教授上中 弘典 准教授齊藤 忠臣 准教授清水 克之 准教授田中 裕之 准教授中  秀司 准教授西原 英治 准教授芳賀 弘和 准教授万   里 准教授兵頭 正浩 准教授藤本 高明 准教授松村 一善 准教授森本 英嗣 准教授藪田 行哲 准教授山田  智 准教授上野 琴巳 講 師大﨑久美子 講 師竹村 圭弘 講 師岩崎  崇 助 教片野 洋平 助 教衣笠 利彦 助 教佐久間 俊 助 教辻   渉 助 教芳賀 大地 助 教美藤 友博 助 教吉岡 有美 助 教ASRES   助 教ELIAS BAYSA石本 雄大 特命助教生物資源環境学科■きのこの交配システムの解明■昆虫細胞の特異的機構の解明とその有効利用■植物と菌類の二次代謝に関する研究■生命現象解明のためのバイオプローブ合成■乾燥地をはじめとする世界の水土環境の保全と再生■農村地域にある構造物の機能診断と保全■ペプチドホルモンを基軸とした線虫の休眠・寿命制御機構の解明■森林、竹林、火入れ草原の生態学と温暖化実験■ニホンナシの自発休眠機構の解明と温暖化に適応した新品種育成■リモートセンシング、デジタル写真測量手法による植生計測■地域農業及び農村の計画・分析手法の開発及び適用■自然再生、都市緑化■開発途上国に適応した農業簿記会計の確立とその普及■消費者需要モデルの開発と食料需要分析への応用■開発途上地域における農業技術の普及に関する研究■乾燥地の灌漑農地の土壌劣化防止と持続的利用法の確立■食品成分と栄養素の新規機能の探索■乾燥耐性植物とバイオ燃料植物の分子生物学と応用開発■応用に向けた微生物及び酵素機能の解析■乾燥地域における灌漑農地の環境資源に関する研究■生育不適な環境における高等植物の生理応答機構の解明■植物免疫と菌根共生における植物・菌類間の相互作用機構の解明■地圏における水・物質移動と土壌資源保全■農地・水利用の持続性評価に関する研究■小麦粉品質の改良に関する遺伝育種学的研究■化学物質を介した昆虫の行動生態と、その防除への応用■アレロパシーに関するいや地現象回避技術に関する研究■森林流域からの水・物質流出■生鮮食料品の流通情報を用いた計量経済分析■水利施設である埋設管の現有耐力評価手法の検討■木材材質変動の解析および計測方法に関する研究■農業経営の担い手育成・支援に関する研究■ICTを活用したスマート農業に関する研究■抗酸化物質の分析と新規抗酸化物質の探索■中生植物のナトリウム移動メカニズムの解明■化合物類縁体を用いた植物ホルモンの代謝に関する研究■菌類きのこ由来の物質を用いた植物の耐病性強化に関する研究■DNAマーカーを用いた果樹の新品種育成に関する研究■細胞膜透過ペプチドを利用した薬物輸送技術の開発■環境問題の法社会学■乾燥草原生態系と地球環境変化■作物の形を決める分子機構の解明と育種利用■作物の乾燥・過湿ストレス耐性機構の解明と適正栽培技術の開発■森林政策の伝達過程と林業経営への効果■モデル生物を用いたビタミン欠乏症の発症機構の解明■水資源の持続的利用と多面的評価に関する研究■開発途上地域における農業発展のための 農業普及の役割に関する研究■乾燥地での食料安全保障やバイオ燃料植物の 栽培・利用・影響評価岡本 芳晴 教 授奥 祐三郎 教 授澁谷  泉 教 授竹内  崇 教 授竹内 崇師 教 授日笠 喜朗 教 授菱沼  貢 教 授保坂 善真 教 授村瀬 敏之 教 授森田 剛仁 教 授山野 好章 教 授山口 剛士 教 授伊藤 啓史 准教授笛吹 達史 准教授大﨑 智弘 准教授尾崎 弘一 准教授北村 直樹 准教授杉山 晶彦 准教授寸田 祐嗣 准教授高橋 賢次 准教授柄  武志 准教授富岡 幸子 准教授原田 和記 准教授割田 克彦 准教授曽田 公輔 講 師辻野久美子 講 師樋口 雅司 講 師東  和生 助 教金  京純 助 教西村  亮 助 教村端 悠介 助 教共同獣医学科■がんに対する先端治療■エキノコックス症の感染源対策に関連する研究■神経、神経内分泌、及び内分泌細胞の機能調節機構■ミルク由来タンパク質によるストレス軽減効果■粘膜免疫機構に関する研究■アドレナリンおよびイミダゾリン受容体作用薬の基礎と臨床■哺乳動物の繁殖生理と初期発生の解明■間葉系幹細胞が分化する過程でのプロテオグリカンの機能と役割■鶏大腸菌症の発症機構及び原因菌の薬剤耐性 ■動物の様々な神経系疾患(代謝性疾患、感染症等)の 病理発生機序の解明■内分泌攪乱物質が哺乳類の精子形成に与える影響■鳥類のウイルス感染症および外部寄生虫の制御■インフルエンザウイルスの宿主域変異、 病原性獲得機序に関する研究■鳥インフルエンザの病態と疫学に関する研究■光感受性物質を用いた腫瘍の診断・治療に関する研究■ウイルスの宿主特異性と病原性発揮メカニズムの解明■ニューロン、神経内分泌細胞の興奮性調節■医薬品・化学物質の毒性発現機構の解明■難治性感染症の病理発生解明と予防・治療法の開発■炎症メディエーターを介する痛覚情報伝達経路の解明■牛の頭部疾患に対する画像診断法の開発■疾患モデル動物を用いた抗病性分子の探求■抗菌剤治療と薬剤耐性菌制御に関する研究■スタチン系薬剤の制がんメカニズムに関する研究■鳥インフルエンザウイルスの病原性に関する研究■養育放棄・虐待に関する研究■生体機能を調節する下垂体の発生と細胞分化機構の解明■動物のガンに対する栄養学的管理を中心とした治療戦略■鳥マラリア媒介蚊の分子生態学的研究■ウシの生殖周期調節機構に関する研究■伴侶動物の麻酔、集中治療における画像診断の 臨床的有用性の検討伊藤 壽啓 教 授今川 智敬 教 授太田 利男 教 授共同獣医学科■インフルエンザウイルスの宿主域と異動物種間伝播に関する研究■細胞移植および実験的感染動物の画像診断学的評価■痛覚受容体の機能と病態に関する研究大住 克博 教 授中田  昇 教 授山口 武視 教 授野波 和好 准教授近藤 謙介 講 師附属フィールドサイエンスセンター■森林の利用・管理とその歴史についての研究■作物在来種の保存と栽培に関する研究■作物の根系機能の解明と多収穫栽培技術の確立■農作業の機械化・軽労化に関する研究■野菜の高品質栽培技術に関する研究伊藤 典彦 准教授附属動物医療センター■組織幹細胞を用いた獣医再生医療児玉基一朗 教 授大学院連合農学研究科■植物病原菌のゲノム解析と感染戦略の解明霜村 典宏 教 授中桐  昭 教 授前川二太郎 教 授松本 晃幸 教 授早乙女 梢 准教授遠藤 直樹 助 教附属菌類きのこ遺伝資源研究センター■菌根菌の人工感染技術の開発に関する研究■菌類の生き様の解明と遺伝資源保存技術の開発■きのこ類遺伝資源の種多様性に関する研究■きのこ類の有用機能に関わる遺伝子の探索と応用化■多孔菌類の系統関係と多様性に関する研究■菌根性きのこ類の分類と培養法に関する研究

元のページ  ../index.html#87

このブックを見る