鳥取大学 大学案内2018
19/94

2018 TOTTORI UNIVERSITY19きなんせ、鳥・取・県全学共通教育地域学部医学部工学部農学部大学院入試Data沿革・組織図   鳥取大学情報の入手/お問い合わせ/資料請求鳥取ひとり暮らし学生寮友人に囲まれ、忙しくも充実した日々。合田 伍工学部機械物理系学科2年2016年度入学 [兵庫県立姫路工業高等学校卒]12:0013:00睡 眠夕食・入浴自由時間勉強講 義講 義昼食サークル22:0019:0024:0016:158:456:00起床朝食北斗寮(ほくとりょう)地区定員対象1室の人数専有面積在寮期間入寮費寄宿料光熱水費鳥取122名男子1名約13.5㎡2年以内50,000円*17,000円全て自己負担………………………霞里湖寮(かりこりょう)地区定員対象1室の人数専有面積在寮期間入寮費寄宿料光熱水費鳥取47名女子1名約13㎡2年以内50,000円*17,000円全て自己負担………………………医学部学寮地区定員対象1室の人数専有面積在寮期間入寮費寄宿料光熱水費米子男:53名、女:12名男女1名約14㎡2年以内20,000円17,000円全て自己負担………………………*鳥取地区入寮費については、水道料金を含むため、公共料金の変動に伴い変更することがあります。全室個室。トイレ・風呂は共同ではなく、各部屋に付いています。食事は付きません。合田さんの家計簿(月額)ある日のスケジュール・仕送り合 計82,000円82,000円収入・家賃・食費・携帯代・生活雑貨、趣味・光熱費合 計30,000円30,000円7,000円10,000円5,000円82,000円支出※水道代・ネット代は家賃に含む 勉強にかけもちのサークル、友人たちとの語らい、趣味、アルバイト。とても忙しいですが、充実した日々を送っています。 入学が決まり、部屋探しを始めた時に頼りにしたのが、大学生協主催の「新入生サポートセンター」でした。そこには学内の先輩たちがボランティアスタッフとして所属していて、新入生へさまざまな支援を行っています。僕も、部屋選びから不動産会社への付き添いまで、いろいろとお世話になりました。そうして選んだこの部屋は、大学やスーパーにも近く、家賃はネット代・水道代込みで3万円。このコストパフォーマンスの良さには、親も驚いていました。 家事は初めてでしたが「とりあえずやってみよう」と取り組んだら、意外とはまりました。やり方が分からない時はネットで調べています。料理はすっかり好きになって、今では趣味のひとつ。カレーや煮込み料理を作り、仲間と「ごはん会」をして盛り上がったりしています。 最初は「住まいに誰もいない」ことへの違和感があり、落ち着かないこともありましたが、今は友人の来訪も多く、寂しさは感じません。風邪をひいたときは出歩けずに困りましたが、友達が差し入れを持ってきてくれて、人のありがたみを感じました。 大学は同じ志向の人が集まっているので、高校よりも友人をつくりやすいと思います。僕のいる工学部には、やはりモノづくりに関心の高い学生が多く、学部内のプロジェクトでは、より良い機械設計やそれを支える理論を編み出そうと一緒に挑んでいます。そうして親しくなった友人を通じて、新たな友人と出会ったり…。他にも、バスケットやボランティアのサークルに所属し、地域の方々との交流も楽しんでいます。人との出会いがどんどん広がっていると感じています。鳥取自分の生活リズムを意識して過ごすようになりました。飛弾 美紗都医学部医学科4年2014年度入学[石見智翠館高等学校卒(島根県)]12:0013:00睡 眠入浴自由時間勉強大学の(自習室)講 義講 義夕食昼食部活・サークル20:0019:0023:001:0017:008:308:00起床朝食飛弾さんの家計簿(月額)ある日のスケジュール・仕送り合 計100,000円100,000円収入・家賃・食費・通信費(ネット代等)・生活諸費・光熱費(水道代含む)合 計40,000円32,000円5,000円13,000円10,000円100,000円支出※その他の必要経費は別途仕送り 大学入学で親元を離れ、初めてのひとり暮らしとなりました。住まいは、なるべく大学に近くにあり治安などで安心できるところを選びました。トイレとお風呂のスペースが別々になっているところが気に入っていて、オール電化になっているので火の元も安全に使えます。 最初は自炊、洗濯、掃除と身の回りのことをすべて一人でしなくてはならないので少し不安でした(私より親が心配していた?)が、戸惑いながらも慣れてくるとできるものです。 興味が湧くと、何事もどんどん挑戦したくて、授業以外に学生ACLS(救命救急サークル)とか筋ジストロフィーボランティア部、地域医療研究部など、いろいろなサークル活動に参加しています。で、気がつくと結構、時間に追われるような生活スタイルになっているんじゃないかと。でも、そんな日々を送る中で思うのが、自分なりの生活リズムをちゃんとつくっていこうということでした。何が大切かを考えて行動に優先順位をつけてこなしていくことができるようになり、今ある時間を大切に過ごせるように心がけています。 食事は学食で摂ることも多いのですが、自炊も時々していて、作るときはバランスも意識するようにしています。大学で夜遅く(PM11時くらい)まで自習することが多いので、徒歩数分で帰宅できる今の住まいは選んで正解だったと思いますね。4年生になり、さらに勉強に追われると思いますが、日々の生活を充実したものにしたいです。米子

元のページ  ../index.html#19

このブックを見る