鳥取大学 大学案内2018
22/94

きなんせ、鳥·取·県 ﹇キャリア・就職支援﹈62018 TOTTORI UNIVERSITY2299%全学の就職率は?学生の進路希望の多様化や、社会環境・経済動向の変化に応じて、入学時からのキャリア教育と就職活動への実践的なサポート体制を、全学的に整備しています。正課教育におけるキャリア教育科目の開講、正課外の各種就職ガイダンスや個別相談等、きめ細やかな対応をしています。進路状況(全学部卒業後)その他 6%臨床研修医 9%進学者 28%就職者 57%なりたい自分を想像し、逆算して取り組む。 僕は、西日本旅客鉄道(以下、JR西) 一本に絞って就職活動をしました。少年時代にJR岡山駅で見た、新幹線のスピードや大勢の人々が乗り降りする光景。言葉にはできない強烈な印象がありました。それ以来、あの場で働きたい!と強く思い続けてきました。 JR西への就職を視野に入れ、大学では公共システムの研究室に入りました。就活を始めたのは3年次の4月、JR西を含む企業の合同説明会への参加が最初です。そこから企業研究や自己分析、勉強を始めました。ありがたかったのが、大学内に勉強をする環境が整っていたことです。附属図書館は23時まで開いており、館内には仲間と自主学習できる個室もあります。同じように夜遅くまで勉強する仲間がいるのはとても心強く、励ましあい、将来について語り合うことで、モチベーションを保つことがでました。 面接対策には、大学のキャリアセンターを利用しました。面接では過去の実績以上に、「就職してからの自分の姿」を表現し、認めてもらうことが重要になると思います。僕の場合は幸運にも、相談員の方の様々な経験によるアドバイスから「社会人として、また職場(職業)に関して」具体的な情報を得る事が出来ました。その情報や自分なりの企業研究をもとに、「JR西で働く自分のイメージ」を練り上げ、自信をもって面接に挑むことが出来ました。 就職への近道は、「なりたい自分」を早く見つけることだと思います。そこから逆算して、今何をすべきか、どう進むのかを考える。学科や研究室、留学先など選択肢は迷うほどありますが、目標がはっきりすれば、自ずと選ぶものも明らかになってきます。 また、自分だけでは気づけないことも多いので、色々な人の話を聞き、考え、知識を深めることも大切だと思います。大学ではさまざまな出会いを楽しみつつ、目標へ近づく力を蓄えてほしいと思います。就活体験レポート①妹尾 健治工学部社会開発システム工学科(2017年3月卒業)西日本旅客鉄道株式会社 2017年4月入社[島根県立松江南高等学校卒]なりたい自分をイメージ!※全学の就職率は、就職希望者の就職率を示す。

元のページ  ../index.html#22

このブックを見る