鳥取大学 大学案内2018
26/94

きなんせ、鳥·取·県 ﹇課外活動﹈2018 TOTTORI UNIVERSITY26学部全体90%サークル等(同好会を含む)に入っていますか?一人暮らしの学生が多いからこそ、大切な学生同士の交流。「サークル等に加入したことがない」学生は極めて少なく1割程度。9割近くの学生が、様々な活動に積極的に取り組んでいます。※2016年度学生生活実態調査より49%学内の体育系サークル等に加入40%学内の文化系サークル等に加入加入したことがない 8%学外のサークル等に加入2%体育会「ライフセービングクラブ」の魅力を伝えます。性別などは関係なく、人を助けたい思いが一番大切!こんにちは、体育会ライフセービングクラブです。みなさんはライフセービングとは何かご存じですか?多くの方がライフセービングと聞くと溺れた人を助けるというイメージが強いと思います。しかし、実際は主に溺れそうな人や他の人に危険を及ぼす人に注意し、未然に事故を防ぐという活動を行っています。また、水中でのアクシデントだけでなく、日常生活において万が一事故が起きた際の救命措置などの知識も学びます。そのため練習を積んで試合で勝敗を決める他のスポーツとは違い、練習で学んだ人を助ける技術をなるべく使わないようにする少し変わったスポーツです。 私たちのクラブでは毎年夏に、近くの海水浴場を活動の拠点として県内のトライアスロンの監視なども行っています。また冬には毎年、海に入る寒中水泳も行っています。男の人が多いと思われがちですが、私たちのクラブでは女子部員も多数在籍しています。泳げる泳げない、性別などは関係なく人を助けたい思いが一番大切です! 今までの部活とは少し違ったことをしてみたい、新しいことにチャレンジしてみたいという人は是非ライフセービングクラブを訪れてみてください!活動レポート①

元のページ  ../index.html#26

このブックを見る