鳥取大学 大学案内2018
47/94

2018 TOTTORI UNIVERSITY47きなんせ、鳥・取・県全学共通教育地域学部医学部工学部農学部大学院入試Data沿革・組織図   鳥取大学情報の入手/お問い合わせ/資料請求 本学科の特徴は、生命科学の基礎科目(細胞生物学や分子生物学など)とともに医学系科目(解剖学、病理学、内科・外科学、腫瘍学、再生医療学など)を履修できることです。加えて、本学科に隣接する生命機能研究支援センター、染色体工学研究センター、とっとりバイオフロンティアでは、先進の染色体工学や遺伝子工学を駆使した最先端の研究が行われ、同時にこれらの先端研究技術に触れ、そして学ぶ機会も与えられます。 卒業生の進路は、8割以上が大学院に進学します。卒業・大学院修了生は、国内外の大学や公的研究機関、警察の科学捜査研究所や製薬・食品会社などの研究者として、また、医療機関、医療・教育系出版社など多岐にわたる領域の第一線で活躍しています。新時代の医学の発展に貢献すべく生命現象における基礎的な真理の探究と最先端医療を支える先駆研究を行い、これらに直接従事する研究者を育成するパイオニア学科としてその役割を果しています。生命科学科医学部Life Science定員 40名●学部卒業生就職先ライフサイエンス出版、みなとみらい夢クリニック、大和高田市(公務員)●学部卒業生進学先鳥取大学大学院、信州大学大学院、千葉大学大学院、金沢大学大学院●大学院修了生就職先鳥取大学大学院、日本血液製剤機構、資生堂、白鳥製薬、共和薬品工業、沢井製薬、新日本科学PPD、中原化成品工業、万田発酵、カネカ、メディサイエンスプランニング、ジェネシスヘルスケア、WDBエウレカ、内田クリニック、福岡生殖医学研究所 生命科学とは、生命現象の謎を解明し人類の健康と福祉に貢献する学問分野です。21世紀に入り、iPS細胞の発見やヒトゲノム解読の成果をもとに研究が加速され、再生医療や遺伝子情報に基づく診断・治療・創薬へと目覚ましく発展しています。このような生命科学の必要性を予見し、鳥取大学医学部では全国に先駆けて「医学部生命科学科」を1990年に創設しました。この目的は、医学における根本課題を理解し、バイオサイエンスを学び、これを実践できる研究者を育成することにあります。■学科の目的■学科の特徴■主な就職先・進学先(2016年度)■在学生からのメッセージ週間割(2年次後期)1限目2限目3限目4限目5限目放課後MON臨床心理学遺伝生化学免疫生物学発生生物学細胞生化学細胞組織学細胞生理学システム神経科学特別講義Ⅰ生命科学概論Ⅱ医学英語Ⅱアルバイト・サークル・自習くすりと作用医学概論ⅠTUEWEDTHUFRI生田 裕美生命科学科3年2015年度入学[北海道立室蘭栄高等学校卒]1.現代の医学・生命科学及びその関連分野の動向・進展に関心があり、それらの知識・技術を学び、向上・発展させる研究活動に興味がもてる人2.真理探究の意欲に燃え、創造的目標の達成にチャレンジし、勉学・自己研鑽に労力をおしまない人3.協調性を備え、生命科学を通して国際的な広い視野と仕事への使命感を持って人類に役立つ喜びを感じる人こんな学生を求めています!生命科学および基礎医学の研究者育成に特化し、25年以上トップを走り続けるパイオニア学科 生命科学科の1年次は鳥取キャンパスで、主に一般教養を学び、講義やサークル活動を通して他学部の学生と交流を深めることができます。2年次からは米子キャンパスに移り、本格的に専門科目を学び始めます。本学科のみの講義では研究の視点から、医学科や保健学科との合同講義では臨床の視点から医学・生命科学を学びます。 本学科の学生は、全国各地から生命科学に関する研究をしたいという思いをもって集まっており、講義や実習など様々な場所で日々切磋琢磨しながら学んでいます。またサークル活動や大学祭など学生生活を満喫できるイベントが多々あり、とても楽しい日々を過ごしています。皆さんも鳥取大学で充実した大学生活を送りませんか?臨床の視点から医学・生命科学を学ぶ。

元のページ  ../index.html#47

このブックを見る