新潟県立大学 大学院案内 2019
10/16

9I supervise research in Comparative Politics and International Relations. In addition to political systems, state-society relations and democracy, specific research topics would also include non-conventional political phenomena such as civil wars, ethnic conflicts, and revolutions. I will particularly emphasize research design (case study selection and research questions),quantitative methods and academic writing. ■■■■ データ分析の方法と応用 Method and Application of Data Analysisデータ分析特論 Special Topics of Data Analysis総合演習 Ⅰ・Ⅱ Basic Research Seminar Ⅰ・Ⅱ研究指導 Directed Research(MA Thesis)Courses比較政治学及び国際関係論を中心とした政治学分野における研究課題の指導を行う。具体的には、政治体制や国家-社会関係、民主主義などの問題だけでなく、内戦、民族紛争、革命といった非正規的なプロセスの政治現象に関する課題の指導を行う。実際の指導は、事例選択やリサーチクエスチョンの設定を含む研究デザイン、統計データの分析方法、学術論文の構成などに力点を置く。窪田悠一 准教授Yuichi KubotaGraduate students are expected to perform academic presentations as well as do academic writing. One of the most important skills for such presentations and writing is to be able to express ones thoughts precisely in easy to understand form. In this course, students will develop such skills through repetition of activities and learn practical Japanese expressions. ■■日本語プレゼンテーション Presentation in Japanese日本語アカデミック・ライティング Academic Writing in JapaneseCourses大学院では学術的なプレゼンテーションを行うことと、学術的な文章を書くことが求められる。このようなプレゼンテーションや文章では、言いたいことを聞き手や読み手に正確に、そして、わかりやすく伝えることが最も重要なことである。「日本語プレゼンテーション」「日本語アカデミックライティング」では、このために必要な日本語の表現を学び、繰り返し練習を行う。宮﨑七湖 准教授Nanako MiyazakiResearch activities I supervise will be about public choice theories and quality of life studies using voting results and public opinion survey data or other related data. Although I respect students’ research interests, I would recommend regression analysis. In order for students to complete dissertations based on empirical evidence, I advise systematically on setting up basic and working hypotheses, resource and data collection, data analysis, and hypothesis testing. ■■■現代経済学の理論と方法 Theory and Method of Contemporary Economics総合演習 Ⅰ・Ⅱ Basic Research Seminar Ⅰ・Ⅱ研究指導 Directed Research(MA Thesis) Courses投票率などを用いた公共選択の理論に関する研究や世論調査データを用いた生活の質に関する研究などの分野から、学生の関心に基づいて研究指導を行う。その際、回帰分析を用いた実証的な研究を行うことを学生に推奨する。指導のあり方としては、作業仮説と基本仮説の関係から文献収集やデータ収集、データ分析、仮説検定などを含み、実証的な論文を作成できるようになるための体系的な指導をする。藤井誠二 准教授Seiji FujiiThis is a course designed for postgraduate students aiming to improve their skills at giving academic presentations. The course covers both poster session and Powerpoint presentations and focuses on the structure of effective presentations as well as the language skills to present in a confident and detailed manner.■英語プレゼンテーション Presentation in EnglishCourses授業では大学院生が英語による学術的なプレゼンテーションを行うための技術の向上を目指す。ポスターやパワーポイントを用いた発表の方法を学ぶとともに、精緻かつ堂々とした発表を行うためのスキルや効果的なプレゼンテーションの組み立て方などに焦点を当てる。フィリップ・ベネット 准教授Phillip BennettI supervise research topics in international development, development aid, conflict and peace building, socioeconomic development, and other issues in the developing world. Development is a multilayered transformation process. Therefore, in the initial stage of research, we should broaden the scope of analysis, with a more comprehensive set of research questions and analytical approaches. As we proceed, we narrow down and refine our research. ■■■■ 地域統合論 Regional Integration国際開発の政策 Policies of International Development総合演習 Ⅰ・Ⅱ Basic Research Seminar Ⅰ・Ⅱ研究指導 Directed Research(MA Thesis)Courses国際開発、開発援助、紛争・平和構築、経済社会発展と産業政策など途上国を取り巻く諸課題を対象とする。およそ開発は多元的な変革プロセスである。この認識に立ち、研究を組み立てる初期段階では、当該研究トピックについてむしろ間口を広く取り、複合的なリサーチクエスチョンや分析アプローチを検討するよう指導する。そのうえで研究計画を精緻化していく。渡邉松男 教授Matsuo Watanabe

元のページ  ../index.html#10

このブックを見る