新潟県立大学 大学院案内 2019
11/16

10信田智人Tomohito Shinoda■■ 現代日本特論 Contemporary Japan現代の外交 Contemporary Diplomacy ■ 国際制度(機構)論International Institutions and Organizations■■ 国際ビジネス特論 International Business Management多国籍企業論 Multinational Corporations■政治学研究方法特論Qualitative Methods in Political ResearchAdjunct Professors外部講師臼井陽一郎Yoichiro Usui伊藤龍史Ryoji Ito保城広至Hiroyuki Hoshiro福嶋秩子新潟県立大学副学長Chitsuko Fukushima ■■ 英語プレゼンテーション Presentation in English英語アカデミック・ライティング Academic Writing in EnglishCoursesStudents are expected to choose a topic about economic development in developing countries (particularly long-term economic changes) for their master’s thesis. The thesis should combine both the theoretical and empirical components, preferably showing policy implications. The study areas are not necessarily to be limited to China. I will advise students through the process of thesis writing systematically, with the emphasis on establishing a theoretical framework, clarifying research questions, collecting statistical data, and conducting quantitative analysis. ■■■■ 現代経済学の理論と方法 Theory and Method of Contemporary Economics現代東アジア特論(中国) Contemporary East Asia(China)総合演習 Ⅰ・Ⅱ Basic Research Seminar Ⅰ・Ⅱ研究指導 Directed Research(MA Thesis)Courses途上国の経済発展、とりわけ長期的な経済変動に関わる諸課題から、修士論文にふさわしい具体的なテーマを学生に選択してもらい、研究指導を行う。理論と実証を統合して、さらに政策的インプリケーションが得られる分析テーマが望ましい。なお、対象地域は中国に限定しない。設定されたテーマに即して、先行研究のレビューから修士論文完成までの一連の作業を体系的に指導する。特に、理論的分析枠組みの構築、リサーチクエスチョンの具体化、統計データの収集と処理、計量分析の実行、学術論文の執筆といったステップに焦点を当てる。李佳 准教授Jia LiMy research interests lie in international relation theories and comparative politics, especially how domestic politics, oftentimes being treated as a black box in the studies of international relations, exert influence on international relations. I supervise topics related to national identity, party politics, democratic systems as well as digital democracy in East Asian countries. Students will be able to critically review previous literature, set up clear research questions, and apply mixed methods in their studies. ■■■■■比較政治学 Comparative Politicsデータ分析の方法と応用 Method and Application of Data Analysisデータ分析特論 Special Topics of Data Analysis総合演習 Ⅰ・Ⅱ Basic Research Seminar Ⅰ・Ⅱ研究指導 Directed Research(MA Thesis)Courses私の専門領域は国際関係論と比較政治学である。特に国際関係研究の中でよくブラックボックスのような存在として扱われた国内政治が、どのように国際関係に影響を与えるのかという視点から研究を行う。具体的には、東アジア諸国を研究対象とし、国民のアイデンティティー、政党政治、民主主義やデジタルデモクラシーなどの課題について、研究指導を行う。問題意識をもって複合的な分析アプローチを研究に応用できるよう、学生の皆さんを支援したいと考えている。陳柏宇 講師Boyu ChenThe purpose of the class is to analyze international relations from a Constructivist angle. International Relations theories are not merely about how states interact with each other. Drawing ideas from sociology and anthropology, the Constructivist Theory also sheds light on interactions at the individual level.■■■■国際政治特論 International Politics東アジア国際関係特論 International Relations of East Asia総合演習 Ⅰ・Ⅱ Basic Research Seminar Ⅰ・Ⅱ研究指導 Directed Research(MA Thesis)Courses構成主義という国際関係の理論的アプローチから中国外交を分析する。国際関係理論を学ぶ意義は、国際社会における様々な動きを理解することに限られない。社会学や文化人類学の要素を併せ持つ構成主義を通じて、個人レベルのインターラクションにもヒントを得ることができる。上村威 講師Takeshi Uemura

元のページ  ../index.html#11

このブックを見る