新潟県立大学 大学院案内 2019
8/16

7Faculty教員紹介I will supervise those students who would like to pursue, as research topics, politics and diplomacy of South and/or North Korea and expect them to write a master’s thesis that not only contributes to the discipline of political science and international relations but also serves as a monograph of area studies. In order to do that, each student will be asked to consciously devise a distinct research strategy for themselves by thoroughly examining preceding studies and by critically thinking why the case should be South Korea or North Korea and why a particular approach should be chosen from among different approaches. ■■■■ 地域研究の理論と方法 Theory and Methods of Regional Research現代東アジア特論(韓国) Contemporary East Asia(Korea)総合演習 Ⅰ・Ⅱ Basic Research Seminar Ⅰ・Ⅱ研究指導 Directed Research(MA Thesis)Courses韓国や北朝鮮の政治と外交をテーマにする学生に対して、政治学や国際関係論といったディシプリンの中に事例として位置づけると同時に、地域研究のモノグラフとしても意味のある修士論文になるように研究指導を行う。そのためには、多様な方法論の中でなぜその方法論を用いるのか、なぜ韓国や北朝鮮という事例でなければならないのか、先行研究に対する貢献はどこにあるのか等において、先行研究をリバース・エンジニアリングしながら自らの研究戦略を意識化・差別化する方法を重視する。浅羽祐樹 教授Yuki AsabaI supervise the research of students who are interested in topics related to international trade and/or foreign direct investment(FDI) from the perspective of economics or economic analysis. I emphasize the importance of both theoretical and empirical analyses, and advise students about how to frame their research questions using an economic theoretical model and how to test the model’s theoretical prediction using data and econometric methods. I also emphasize to students the importance of considering why that research question is important and interesting in selecting/setting their research themes, as well as the importance of considering what policy implication that research could have in examining their analytical findings.■■国際経済学 International Economics国際経済政策論 International Economic PolicyCourses国際貿易や海外直接投資(FDI)に関係するテーマに関心をもつ学生に対して、経済学的分析を中心とした研究指導を行う。研究課題となる問いを経済学理論を用いてどのようにモデル化するか、また理論モデルの予測をデータと計量経済学の手法を用いてどのように検証するか、という理論と実証の両面からの分析とその重要性を強調して研究指導を行う。同時に、研究課題の選定・設定にあたってはなぜその問いが重要なのか・意味があるのかを、また分析結果の考察にあたってはそこからどのような政策的含意が導けるのかを深く考えることの大切さを強調しつつ研究指導を行う。鎌田伊佐生 教授Isao Kamata研究科長山本吉宣 教授Dean of the Graduate SchoolYoshinobu YamamotoBased on Decision Making Theory and International System Theory, I will provide a range of topics in security and international institutions to stimulate student research interests in International Politics. In addition, I advise students on constructing an analytical framework, collecting and analyzing materials, and academic writing skills.■■■■国際政治の理論と方法 Theory and Methods of International Politicsグローバル・ガバナンス論 Global Governance総合演習 Ⅰ・Ⅱ Basic Research Seminar Ⅰ・Ⅱ研究指導 Directed Research(MA Thesis)Courses学生の関心によって、具体的には異なるテーマを取り上げるが、安全保障、国際制度などの問題を取り上げ、国際体系(システム)論、政策決定論というアプローチから国際政治の課題についての研究指導を行う。また、指導のあり方としては、分析枠組みの設定、資料の収集、分析、そして学術的論文の執筆法などを含んで体系的に指導する。1974年 ミシガン大学大学院修了(政治学博士)1989‐2004年 東京大学大学院総合文化研究科教授2004年-現在 東京大学名誉教授2004‐2011年 青山学院大学国際政治経済学部教授2011年-現在 青山学院大学名誉教授2013年-現在 新潟県立大学政策研究センター教授1974 Ph.D. in Political Science, University of Michigan1989-2004 Professor, Graduate School of Arts and Sciences, University of Tokyo2004-present Professor Emeritus, University of Tokyo2004-2011 Professor, School of International Politics, Economics and Communication, Aoyama Gakuin University2011-present Professor Emeritus, Aoyama Gakuin University2013- present Professor, Policy Research Center, University of Niigata Prefecture

元のページ  ../index.html#8

このブックを見る