宇都宮大学 地域デザイン科学部 2018
18/24

地域をつなぐ 未来につなげる地域デザインセンターCenter for Regional Design 地域デザイン科学部では、21世紀の地域社会を持続可能で豊かにするために、新しい地域デザインに必要な教育・研究を行い、地域貢献に取り組みます。そして、魅力ある地域を作るため、地域の課題を理解し、各地域の資源と特性を活かし、地域のハードからソフトまでを支える人材を育成します。 地域デザインセンターは、これらの実現に向けて、地域(地方自治体、地域企業、NPO等)と大学とのハブとなり、共同研究・地域連携プロジェクト・教育を推進します。また、地域デザインに関する各種相談・情報発信を行います。教育調査研究実践分析まちづくり専門性情報発信協働地域連携プレゼン力協働力実践力教育調査研究実践地域対応力養成科目実施支援「地域プロジェクト演習※」等の地域対応力養成科目を円滑に実施するために、地方自治体、地域企業、NPO等と大学との連携構築を支援します。※「地域プロジェクト演習」(3年次・必修)は、地方自治体、民間企業等と連携し、学部を横断した学生チームが栃木県内の地域デザインを実践。コミュニケーション力、調査・分析力、プレゼンテーション力、そしてチームで動く協働力を養成します。共同研究促進大学が地域と共同してまちづくりや少子高齢化対応等の地域課題を解決するため、大学の専門性を活かした基礎的な分析を行います。また、地域の課題に対して関連する専門知識を有する教員とのコーディネートの強化を図ります。●子どもから高齢者まで、世代を超えて暮ら しやすいまちづくり●高齢・人口減少社会に対応した、人に優し い都市や居住空間のデザイン●災害に強く安心して暮らせる、緑豊かな地 域環境整備2017年度実績・地域メディアの開発と実践・子育てミシュランで地域の価値を高める・栃木県中心部の水辺景観に配慮した グリーンインフラによる治水および 水循環改善効果の検討など15件2017年度実績・小さな拠点づくり推進事業・空き家等活用によるコミュニティ形成 -空間活用事業・中心市街地における賑わい効果等の 測定に係る調査研究・オープンデータ利活用推進事業地域連携プロジェクト推進地域(地方自治体、地域企業、NPO等)が抱える課題を解決するための計画立案・取り組みを教員等が専門分野に応じて支援します。また、得られた成果等は広く情報発信をします。例例18

元のページ  ../index.html#18

このブックを見る