横浜市立大学 データサイエンス学部
3/4

2018年4月、首都圏初のデータサイエンス学部誕生首都圏で初となるデータサイエンス学部が、2018年春、横浜市立大学に誕生します。データサイエンス学部では、データを読み解くために必要な数理や統計の基礎的な知識をはじめ、社会で不可欠なコミュニケーション力や、イノベーションを起こす発想力、次世代に通用するビジネス力を養成。日々データが生まれ蓄積される今、そこから新たな社会的価値を創造できる人材を育成します。カリキュラムの特色想定される卒業後の進路データサイエンス学部が育てるのは、文理融合の「知」を持った人材です。卒業後は、時代をリードする幅広い分野での活躍が期待されます。もしかしたら、それはまだ存在していない職業かもしれません。文理融合データサイエンスの専門教育と文系・理系にとらわれない広範な教育で、「未来の芽」を見つけ出す底力を培う。現場重視データが生まれる現場でPBL(Project-Based Learning、課題解決型学習)を行い、実践的な学びの機会を数多く持つ。国際水準の英語力世界がフィールドとなるデータサイエンス領域で活躍するための英語力を身につける。※PE(Practical English)は、大学での授業や研究を英語で行うことのできるコミュニケーションレベルを目指した必修科目です。少人数制の授業はすべて英語で進められ、「英語を学ぶ」のではなく、「英語で学ぶ」力を習得します。(最低達成水準は、TOEFL-ITP 500点相当)研究をさらに進化させ4年間の集大成として卒業論文を作成研究室・ゼミに所属し、各自で設定した研究に取り組むデータサイエンスに関連する講義を中心に専門性を高めるYCU特有の共通教養教育+データサイエンスの基礎科目■金融(銀行、証券会社、生命保険・損害保険会社など) (データコンサルタント、データアナリスト)■ IT企業(インターネット関連会社、ネットショッピング運営会社など) (製品開発、データマイニングエンジニア)■製造業(電機メーカーなど) (製品開発、データマイニングエンジニア)■広告代理店、総合商社 (アカウントマネジャー、マーケティング担当)■製薬メーカー、大学病院 (臨床研究専門家)■公務員 (オープンデータに基づくアナリスト)■今はまだ存在していない職業研究

元のページ  ../index.html#3

このブックを見る