横浜市立大学 大学案内2018
119/124

奨学金・減免教育の機会均等と優秀な人材の育成を図るため、以下の奨学制度を取り扱っています(2017年度実績)。●各種団体奨学金(給付型・貸与型など/全学生の約2%が受給)地方自治体や財団法人等各種団体が、学業・人物ともに優秀で経済支援が必要な方を対象に、給付または貸与する奨学金です。申請要件・募集時期は奨学金ごとに異なります。●授業料の減免経済的理由により、授業料納付が著しく困難な方の年間授業料が減額・免除される制度です。家計基準や学業成績等を審査の上、経済的困窮度の高い方から順に全額・半額などの減免金額を決定します(年度審査)。突発的な経済的困窮時に授業料を免除する緊急応急対応型もあります。 時期(予定)日本学生支援機構奨学金(大学入学後に申し込む場合)給付型(推薦人数に限りがある)貸与型 or 給付型(推薦人数の制限なし)各種団体奨学金〈参考〉奨学金手続フロー2月中旬以降本学Webサイトで必要書類の通知確認出願準備開始4月上旬期日までに必要書類を大学窓口(金沢八景キャンパスは学生担当)へ提出掲示板、本学Webサイトの一覧表で希望の団体が「募集中」か確認希望する奨学金の募集要項ダウンロード(YCUポータルサイトまたは団体Webサイト)期限までに必要書類を指定の提出先へ提出※4月以降随時募集されます奨学金ガイダンスに参加4月中旬書類選考結果通知学内面接(書類選考通過者のみ)学内推薦者結果通知書類等の準備選考期間結果通知・採用手続各団体で選考(書類・面接)選考結果通知4月下旬5月以降6月以降各団体の応募書類受領・作成大学窓口へ提出(学内選考通過者のみ)指定期限内に応募書類を大学へ提出インターネット上で申込み入力●災害見舞金火災・地震・風水害により著しい被害を受けた学生に対しては、所定の審査の上、100,000円を限度(被害の程度により異なる)とした災害見舞金を給付します。申請期限は事由発生後60日以内です。●日本学生支援機構奨学金(貸与型/全学生の約30%が受給)日本学生支援機構(旧日本育英会)が行う貸与型の奨学金です。申請方法は高等学校在学中の「予約採用」と、大学入学後の「在学定期採用」、家計が急変した場合の「緊急・応急採用」の三種類があります。種  別貸与月額(いずれかを選択)〈M:修士・博士前期、D:博士・博士後期〉第一種(無利子)第二種(有利子)学 部大学院学 部大学院30,000円、 45,000円(自宅生)、 51,000円(自宅外生)M: 50,000円、 88,000円、 D: 80,000円、 122,000円30,000円、 50,000円、 80,000円、 100,000円、 120,000円50,000円、 80,000円、 100,000円、 130,000円、 150,000円奨励制度・学長賞●学業奨励(選出制)学修意欲向上および教育研究の活性化を図るため、前年度成績優秀な2年次以上の学部生を対象に、学業奨励金を給付する制度を設置しています。対象者は大学より通知されます。奨励金(/年)対象者名  称●学長賞・学長奨励賞(応募制)学術、スポーツ、社会活動および文化活動などの分野において学生の範となる活躍をし、本学の名誉を高め、学内の士気を高揚した者(個人・団体)に対して贈られる賞です。受賞者には後援会より副賞(2016年実績 ▶学長賞 50,000円 ▶学長奨励賞 20,000円)を授与しています。2016年は、応募総数25件に対し、厳正なる審査の結果、学長賞に個人2件、学長奨励賞に個人5件、団体2件が選出されました。経営学コース・会計学コース36名(各学年1名)16名(各学年2名)3名(各学年両コース合わせて1名)国際総合科学部(各コース)医学部(医学科・看護学科)伊藤雅俊奨学金制度成績優秀者特待生制度500,000円300,000円教育の特徴グローバル教育国際総合科学部データサイエンス学部医学部大学院/研究施設キャリアサポート/学生支援キャンパスライフ入試情報/学費・奨学金117

元のページ  ../index.html#119

このブックを見る