横浜市立大学 大学案内2018
14/124

高校生の頃から「海外と関わる仕事に就きたい」と考えていたという関さん。現在は日産自動車株式会社で車体部品や資材を調達する共同購買本部に所属し、すべての車種の塗料調達を担当している。「主に発注するサプライヤー(原料の供給元)の選定やコスト最適化に向けた原価低減活動を行っています。現在アジアを中心に担当していますが、他の地域のサポートを行うこともあり、非常にグローバルなポジションでやりがいを感じています」。 部署はチーム制で、関さん自身も5人編成のチームに所属。チームのみならず、他部署や社外と密にコミュニケーションを取りながら目標を達成していく過程において、YCUで主将を務めたグランドホッケー部での経験が生きている。加えて、上海での海外留学プログラムに参加したことも役立っているという。「プログラムでは文化背景の異なるさまざまな国々から留学生が集い、中国語の修得に勤しみました。今の職場でも外国人が当たり前のように働いている。上海で学んだ多様性を受け入れ、協働していく力は、かけがえのない財産となっています」。 国際的に開かれた大学でありながら、一方で「大規模校にないアットホームな雰囲気もYCUの魅力」 と続ける関さん。それだけに、環境に甘えずに行動することも大切と襟を正す。「大学生活は自由な時間が増える分、やりたいことをしっかり意識して取り組まないと流されてしまいます。明確な目的をもって取捨選択をしていくことが、有意義な学生生活を送るポイントです」。世界のあらゆる分野で貢献・活躍するOB・OGFile no.1国際総合科学部 国際文化創造コース※ 2013年卒業多様性を受け入れ他者と協働する力は、学生時代に身に付けた、かけがえのない財産。共同購買本部 塗料・インダストリアル・物流調達部日産自動車株式会社関 洋一郎Yoichiro Seki■目標達成には多様性の理解と密な連携が不可欠 ■目的意識が大学生活を左右する(※) 2011年度入学者まで12

元のページ  ../index.html#14

このブックを見る